2010年7月 スペイン・バルセロナから帰国、家族4人大阪での新しい生活が始まりました。5歳のゆなちび、2歳のりせちゃんの日常を綴ります。
by asarin0707
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
ゆなりせ
バルセロナ
あゆちゃん
旅行(スペイン)
旅行(その他)
旅行(クルーズ)
その他
Hawaii 2011
おでかけ
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

面談

今日の記事は先日あったゆなちびの担任の先生との
面談のことで、あくまで私の記録用。
(じいじばあばだけ読んだほうがいいと思います。でも
横浜じいじのコメントはいりません~きっとじじばか満載になるから)

昨年度のスペイン人の担任の先生との面談は
その当時まだスペイン語もできず(今もさほど変わってないけど(汗))
パパと2人で言って、ほとんど聞くだけで終わってしまったのですが、
今回はアメリカ人の先生なので、もちろん英語で。
英語だと聞くとパパもすごく行きたがっていたのですが、
どうしても仕事の都合がつかず、結局ママとりせちゃんとで
行ってきました。
りせちゃんは毎日担任のsivakamiに会っているので、
面談の間中もずっとご機嫌でいてくれて、30分の予定が
45分もひたすらしゃべり続けてしまいました。

お部屋に入って面談がスタートすると、いきなり
sivakamiに
"Yuna...Perfect, perfect, perfect, perfect!!!!
Tell me your secret!" と言われました(笑)

以前にも、どうしてこの年で、こんなに英語、スペイン語が
読めるのか、家で何か特別なことをしてるのかと
聞かれたこともあるのですが、とにかくこんな生徒は
今まで見たこともない、なんてこちらが恥ずかしくなるぐらい
その後もずっとべた褒めでした・・・

ゆなちびはとても自立していて、なんでも熱心に取り組むし、
とにかく新しい歌などを覚えるのがものすごく早いそうです。
そして、クラスのみんなと仲良くできて、毎日楽しそうに過ごしているとのこと、
これだけでママは十分です
ちょっと気に入らないちょっかいを出されたり、お勉強のワークシートが
破れてしまったりというちょっとした失敗ですぐ泣いてしまったりは
するみたいだけど(周りのお友達がみんなどうかしたのかと心配する
ぐらいらしい(笑))、ほんの一瞬で他の楽しいことを見つけて泣きやんで
いるというエピソードもいくつか。。。

言語面では、お友達とは完全にスペイン語、sivakamiにはほとんど
英語で話すようになってきたようです。
ゆなちびは家ではスペイン語か日本語で、英語をフレーズで話すことは
ないので、パパにもママにも信じられないのですが、sivakamiは
えらく感心してました。
クラスの中でもかなり英語を習得しているほうみたいで、スペイン人、
日本人のお友達に、通訳をしていることもあるそうで、sivakamiは
「ゆなは既に小さい通訳さんね」と言っていました。
でも、先生がクラス全員に英語で質問をするときも、彼女は答えが
分かっているのに、決して知っているということをひけらかすことなく、
お友達が発言するのを待ってから答えを言うそうで、この年でこの
謙虚さは、、、と先生も驚いていました。

あとは、家ではDVDとかを何語で見るのかを聞かれて、
我が家は日本語のDVDもあるのですが、こちらで買ったものも
多く(英語がオリジナルのもの)、それはゆなちびはいつも英語で
見たがります、と。
私からすると、ゆなちびならスペイン語のほうが理解できるのでは?と
思うのですが、ゆなちびはなぜか英語でみることにこだわって、
先日もわざわざばあばが撮ってくれた「カーズ」を日本語ではなく
英語にして!と言っていたゆなちび。不思議。。。
でも吹き替えではなく、オリジナルの言語で楽しむのが一番だと
先生も言っていて、喜んでいました。
どこまで理解してるのか全く不明ですけど(笑)

ママは毎日ゆなちびがとっても喜んで幼稚園に通っているので、
今は何の不安もなく、sivakamiに質問することもなかったのですが、
ひとつ聞いたのは、ゆなちびの家での会話のこと。
ゆなちびは家ではもちろんママと会話するので、ほとんど日本語で
話そうとはするけど、遊んでいる時のひとりごとはスペイン語とか、
日本語を話していても単語はスペイン語だったり、時には英語だったり
するので、それが大丈夫なのかどうか聞いてみました。

やはりこれはこういう学校に通っていると普通にあることで、
7~8歳ぐらいにならないと、ちゃんと使い分けることができないみたいです。
本人は、今接している4ヶ国語の区別はついているのですが、
話すとなると、自然にミックスしてしまうんでしょうかね。。。

パパも私もゆなちびの話すスペイン語、英語がほとんど分かるので
そのまま聞いてあげるし、特に訂正もしないのですが、それはそれで
いいみたいです。
ただ、ママはちゃんと日本語を話してあげないといけないみたいで、
たまにゆなちびがスペイン語で話しかけてきたら、スペイン語で
応じている私はちょっと気をつけないといけないのですが、ついつい。。。
まぁ、帰国すれば笑ってしまうほどあっけなく忘れるのでしょうし、
なんせ短い期間なので、あまり心配しないことにしています。

ということで、ほんとに優しい担任の先生なので、
すごくゆなちびのいいところを見てくれていて、たくさん褒めてもらえて
ママとしてはとっても嬉しかったです。
ついでに、ママもアメリカに長く住んでいたのかと思ったと言って
もらえて、最近簡単な単語すら出てこない(しかもスペイン語が
途中で邪魔する・・・)こんな私をも褒めてくれた優しいsivakami♪
そして、今日は彼女にたのまれて、クラスの日本人のお母さんの面談の
通訳をやりました。
通訳初体験。なかなか大変なもんですけど、中学生レベルの英語で
乗り越えました(笑)

ゆなちびが幼稚園に通い始めてちょうど1年が経過したのですが、
この1年、本当に成長したなぁと思います。
ママとしては、幼稚園の選択肢もほとんどなく、何の情報もない幼稚園に
娘を入園させなくてはならず、不安と心配でいっぱいだった1年前。
ゆなちびはもちろんスペイン語がゼロの状態で年度の途中から入り、
最初の1ヶ月間は毎朝泣き続け。。。
今となってはなんともないですが、その当時は色々悩んだものです。

でもこの1年で、ゆなちびはいろんな意味で自信をつけてきたと
思います。
きっと今回の経験はこれから日本に帰ってまた違う幼稚園に通うことに
なっても、将来また転勤で学校が変わったりしても、活きてくるんじゃ
ないかなと思います。

ほんとにたくましくなったゆなちび。
ママは誇りに思うよ☆

なんて親ばか満載の記事になってしまいましたが、
気がつけば今年ももう1ヶ月が過ぎようとしていて、何もしてない
自分が情けない。。。
[PR]
by asarin0707 | 2010-01-27 07:02 | ゆなりせ

りせちゃん2歳になりました

b0165707_3203967.jpg

1月15日、りせちゃん2歳のバースデーをむかえました♪♪
おめでとう~りせちゃん!

アップするのが遅くなった原因はここ何日か続いた雨~
バルセロナはすかーっと晴れたお天気が多いので、それに慣れてると
雨が2~3日続いただけで(しかもそんなに降ってないのに)
どーんとしんどくなってしまって、ソファでごろごろしてたママでした。。。
もともと日本でも曇りや雨になると、途端に動く気がうせるママなのですが、
パパはそんなことなったことがないと言い。。。
でも昨日会社の女性の人が私みたいにしんどいと言ってたようで、
これはもしや女性特有のものなのでしょうか~

さて、前置きが長くなってしまいましたが。。。
お誕生日当日は、18時からりせちゃんの2歳健診があり
行ってきました。
身長86cm、体重11.5kgと、身長は平均よりちょい高め、
体重は平均といった感じで、(その平均とはもちろんスペイン人の
基準ですが、日本人とほとんど変わらないように思います)
おもしろいことに、生まれた時からこれまでずっとねえねと
ほぼ同じ身長、体重で大きくなっているりせちゃんであります。
仲良しだね~

りせちゃんはこれまで予防接種込みの健診がほとんどだったため、
この日も注射があると思ってか、かかりつけの先生を見ると大号泣。
身長、体重測定も大泣きしてました(笑)
でも、帰り際には、ねえねと一緒に先生にチュッチュしてあげて、
おじちゃん先生は大喜びです。
最近は健診や2度目の受診以降は、通訳さんなしで病院に行くように
なったのですが、そうすると、ゆなちびも先生にお話したり、
幼稚園のお歌を披露したり、とっても楽しんでいます。

さてさて、りせちゃん2歳のbirthday。
お誕生日当日はママが疲れからちょっと体調を崩してしまい、健診に
連れて行くのがやっと・・・
予定していた買い物ゼロ。
でも一晩寝てすっきりしたので、土曜日の午前中に家族総出で
お買い物へ。
子どもたちがここのお店のお肉ならいっぱい食べるという市場の
お肉屋さんや、パーティーショップで風船などを購入してきました。

とにかく今回のbirthdayはゆなちびが楽しみにしてて、
風船もゆなちびが選び、ケーキのリクエストも。
でも、「りせちゃんだけじゃなくて、2人のお祝いだよね!」って何度も言って、
自分も主役になりたいゆなちびでした。
まだ4歳、可愛いもんです。


b0165707_08456.jpg
まずはお部屋を風船でいっぱいにして・・・
ゆなちびが選んだ風船セット、なかなか可愛い色でした♪
パパはこの間、2月、3月にあるマラソン大会にむけ、ランニング中~
そしてわざわざお店で膨らませてもらって持って帰ってきたこの2つの風船。
りせちゃんは手を離したら浮いてしまうこの風船をみて、「りせちゃん、こわーい!」と
言い、号泣(笑)
結局ドアのところに結びつけたら落ち着きました。。。







b0165707_0103866.jpg

b0165707_011194.jpg

お誕生日おめでとう~のチューをしてあげるゆなちび
b0165707_0114756.jpg


パパが帰ってきてから、パーティー☆
おしゃれなお料理を作っても子どもたちが食べないことが多々あるので、
今回は姫ちゃんたちが喜ぶかな~と思われるもので、子ども中心のメニュー。
エビとアボカドのサラダ、サーモンクリームパスタなど。
b0165707_0131561.jpg

b0165707_016747.jpg


パスタは家でほとんど作らないのだけど、やっぱり姫たちには大好評。
かなりの量を作ってしまったけど、たくさん食べてくれました。

b0165707_015121.jpg
食後はCavaだけで酔っ払って寝てしまいそうになるパパをたたきおこして、パイナップル入りチーズケーキでお祝い。
ほんとはバースデーケーキっぽいのも考えてたのだけど、我が家はパパもママもそこまでケーキ好きではなく、頑張って作ってみんながちょっとしか食べないものよりも、小さくてもみんなが喜んで食べられるものにしました。
いつも作っていたチーズケーキよりもっと簡単にできるやつなので、ママ的には物足りないチーズケーキになって、みんなごめーんと言おうと思ったら、3人はぱっくぱく。大好評でした(笑)
3人ともほんとに気に入ったようで2つずつ食べていました。
ま、みんなが喜んでくれたのなら、よかったよかった♪
b0165707_22562878.jpg


りせちゃん、ねえねに教えてもらって「ふー」が上手にできたけど、
火は残念ながら消えませんでした~
b0165707_017214.jpg



ささやかだけど、おうちでこういうパーティーして、家族みんなのとびっきりの
笑顔が見られることがママにとって一番の幸せです♪

りせちゃんが生まれて早2年。
家族の中で唯一、生まれてからスペインで過ごしているほうが長いりせちゃん。
1歳、2歳のお誕生日ともにバルセロナでむかえました。

1歳までの1年は、実家への小さな引越しも含めて、3度のお引越し。
その小さな体でほとんど体調を崩すことなく、ほんとに親孝行してくれたりせちゃんです。
1歳のバースデーはバルセロナに来てまだたった2ヶ月でした。

そしてようやく落ち着いて1年間同じ場所で過ごすことができたこの1年。
9ヶ月であんよを始めたりせちゃんは、1歳過ぎたら走り始め、何でも
ねえねの真似をして、いつもにっこにこ笑顔で家族みんなを癒してくれ、
時にはやんちゃなことをしてみんなを驚かせたり。。。

託児所にも通い始めて、ママにべーったりの生活からちょっとだけ
外の世界にも触れ始めて、ここ数ヶ月は精神面、言葉の面でも
随分と成長したもんです。

2人目というのは、ママに余裕ができるからか、この2年間は
あれが大変だった、これが大変だったということは全くなく、
ほんとにほんとに楽しいことばかり。
実際、新生児の時に夜中に起こされても、喜んで起きて、
おっぱい終わった後も30分ぐらいただただ寝顔を見てたりした私。。。
ゆなちびの時は、自分の睡眠が1秒でも長く欲しかったんですけどね(笑)

もちろん忙しくなったけど、それ以上に何でも適当にやれるようになって
(離乳食もかなり適当だったし・・・(汗))、息抜きの仕方も上手になった
からなんだと思います。

子どもの成長はほんとにあっという間だし、りせちゃんはゆなちびより
もっと早く感じるけれども、こんなに楽しませてくれたりせちゃんに感謝です。

りせちゃんが生まれる前の辛かった経験、りせちゃん妊娠中も
ずっと切迫早産で生まれるぎりぎりまで何かと心配事が尽きなかったことも
あってか、やはりりせちゃんが生まれてから私の子育ても随分と
変わったような気がします。

まだまだ私は感情のままに怒ってしまったり、反省することも多々
あるけれど、これからも子どもたちにいっぱい元気をもらいながら、
ママとしてもっともっと成長していきたいなぁと思います。
もちろん「妻」としてもがんばります。。。

りせちゃん、2歳おめでとう。
そしてこれからもすくすく元気に育ってね!
生まれてきてくれてほんとうにありがとう。

まだ2歳の「2」はできませーん
b0165707_22541310.jpg

2人で遊ぶことももっともっと増えて、2人だけできゃーきゃーはしゃいでると
ちと羨ましくなるママであります~
b0165707_2255798.jpg

[PR]
by asarin0707 | 2010-01-20 15:05 | ゆなりせ

グラナダ~セビーリャ 3泊4日の旅 ☆その2☆

旅の続きです。

1月8日(金)
11時半、グラナダ発のRENFEでセビーリャへ。
後ろに見えるのは雪で真っ白のシエラネバダ山脈。
b0165707_648525.jpg

約3時間の鉄道の旅、ひたすら続くオリーブの林を眺め、
スペインらしい景色を存分に楽しみました。
姫ちゃんたちはずーっとおとなしく座ってくれてるし、そのうえ
珍しいことにりせちゃんはパパの上で寝ると言ってくれて、
ママは1人でのんびりお昼寝もできました~
当たり前だけど、1年前に比べたら随分旅が楽になりました。
(そういや1年前はまだりせちゃんおっぱい飲んでたんだもんね(笑))

さて、セビーリャに到着してホテルにチェックイン、そして
早速観光へ。

セビーリャはスペイン第4の都市(第1~4までは制覇しましたね)、
そして皆さんご存知、フラメンコと闘牛の本場でもあります。

まず行ったのは、カテドラルとヒラルダの塔。
パパはここも去年1人で行っているので、かわいそうだったけど、
ママがスペインにいる間に行きたかった場所のひとつ。
セビーリャも天気がずっと不安定だったのに、この日は気持ちがいい
ほどの青空!
そして、私たちが帰った直後、55年ぶりにセビーリャに
雪が降ったというニュースが・・・ぎりぎりセーフでした。
b0165707_6491432.jpg


このカテドラルはスペイン最大、ヨーロッパ内では
サン・ピエトロ寺院、ロンドンのセントポール寺院につぐ規模なんだそうです。

「後世の人々が我々を正気の沙汰ではないと思うほど巨大な聖堂を
建てよう」とガイドブックに書いてありましたが、中に入るとその規模に
やはり驚きました。
ゆなちびもアルハンブラ宮殿に続き、「こんなんどうやって作ったんやろうねー」と
ひたすら感心していました。

写真では大きさが伝えきれず残念ですが、いくつか載せたいと思います。
とにかく大きくて見所がたくさん。ステンドグラスもとってもきれいでした。
もしスペインを旅行するなら、必ずここは行ってほしいと思うほど、私は
気に入りました。
b0165707_652482.jpg

b0165707_6522640.jpg

コロンブスのお墓
b0165707_6525221.jpg

b0165707_6532598.jpg


カテドラル横のヒラルダの塔はまさにセビーリャを象徴するように、
イスラム教とキリスト教が融合した塔で、高さ70mの展望台にのぼると
セビーリャの街が一望できます。
b0165707_6535226.jpg


珍しいことに、展望台まえでゃ最後の10段ほどの階段をのぞけば
全て坂になっているので、ベビーカーを押したまま一番上までのぼることが
できます。
階段だとしんどいけど、坂だったので、ゆなちびは行きも帰りも先頭に
立って、楽しそうに上り下りしました。
b0165707_654213.jpg

b0165707_6544598.jpg


カテドラルのお庭。
街全体にもこんな風にオレンジの木がたっくさん。
りせちゃんはオレンジを見つけて、「ぴかん(みかんのこと)、ぴかん!」と
大興奮していました(笑)
b0165707_72873.jpg


b0165707_6563988.jpg
カテドラル観光を終えたあと、遅めのランチ。
ここセビーリャもバルがたくさんあって、どこに入ろうか迷うほど。
通りまで人があふれかえっているという活気のあるバルも何度もみました。
私たちはホテルのお姉さんに勧めてもらったバルに行ってみて、いくつかタパスを頼んでみました。
名前は忘れたけど、この写真のように、バルセロナとはまた違ったタパスがあって、どれもおいしかったです~
b0165707_6581274.jpg

セビーリャのバルやレストランは、生ハムをつりさげているところが多いように思ったけど、ここのバルの生ハムもとってもおいしかった♪
気がつけば、パパも私もこの1年ちょっとで相当生ハムの味にうるさくなっていて、ここスペインでもちょっとやそっとでは満足しません。。。
きっと日本に帰ったら、もう生ハムは食べられたもんじゃないでしょうなぁ。


おなかいっぱいになった後は、ママの旅の目的のひとつである、
フラメンコのスカート探し。
といっても、ほんとの衣装を買うわけではなく、あくまでお教室用だけど
ちょっと柄の入ったスカートが欲しくて。。。
ここは本場、さすがにどこ歩いてもフラメンコの衣装店があるのですが、
スカートだけというのはなかなかなくて(そもそもママのサイズもないし)
お祭りなどで着る華やかなドレスが大半。
結局この日は見つからず断念。

街中の靴屋さんは水玉模様の子供用の靴もたくさん。カラフルで見ていて楽しいですね☆
b0165707_735871.jpg

しばし休憩~華やかな街です。
b0165707_7113319.jpg

パパはほんと毎日こんなデレデレです。
あまりに女の子が可愛すぎて、本気でもう1人娘が欲しいとか言っているし。。。
b0165707_7115966.jpg


b0165707_6585031.jpg
最後にスカートを探しに行ったのが「フラメンコ博物館」でふと見たら、ちょうど10分後にフラメンコのショーがあると書いてあったので、すぐにチケットを買って、見ることに☆
フラメンコは早くても夜8時から開始で、ゆなりせ連れては無理だなーと思って、本場だけどフラメンコは見れなくてもしょうがないと諦めていたのだけど、ここは7時半からしかも時間も短めで、小さい子連れも大丈夫だったので、(あとから聞いたら、タブラオで5歳以下は入れないところもあるそうですね)存分にショーを満喫できました。
フラメンコを見たこともなく、いきなり習い始めた私(笑)
初めてフラメンコを見て、私がやってる踊りはなんなのか。。。とショック
でしたが、迫力あるフラメンコ、感動しました~
日本に帰っても続けたいなぁ。。。
そして男の人の踊りも見て、パパも自分にもできそう、と興味が
沸いた様子!?
私が今通ってる教室には普通に男性も生徒としているのですが、
日本は男性はいるのでしょうか???かっこいいと思うんですけどねぇ。

りせちゃんは最後のほう飽きてきて泣いちゃうハプニングはあったけど、
(パパがいったん出口に連れ出す)、ゆなちびもりせちゃんも迫力満点の
フラメンコを真剣な眼差しで見ていました。
途中からは歌い手さんの手拍子にあわせて一緒に手拍子したり、
ホテルに帰ってからもフラメンコごっこ(ベッドの上で踊り狂う)を
したほどです。

移動もあって長い一日だったけど、ゆなりせは電車でお昼寝を
していたおかげで、フラメンコも存分に楽しんでくれ、エネルギー全開の
一日でありました。

(おまけ)

エキストラベッドは2段ベッドだったんだけど、下のほうで2人で一緒に寝る!と
言いはって、きゃーきゃー喜びながらベッドに入った2人。
絶対落ちるだろうなぁと思いながらそのまま寝かせたんだけど(いつもパパが
1人でエキストラベッドでかわいそうだしね)、明け方りせちゃんが起きて
大泣きしてママのところにくるまでは、2人でぴったりくっついてねんねしていました。
家でも最近2人はくっついて寝ていて、ゆなちびはりせちゃんが生まれた
当初から変わらずおててを持って寝ていたりします。昔はママのおててがないと
寝られなかったのにね。
りせちゃんも途中で起きても、ねえねがいたらすぐ安心して寝ているし、
ほんとに可愛い姉妹です。
b0165707_7145225.jpg



1月9日(土)
旅の最終日。
この日も快晴!!!
セビーリャの街を流れる川では、朝からボートをしている人がたくさん。
気持ちよさそう~
b0165707_743334.jpg


そしてそんな景色を見ながら、ママのスカート探しの続き。
ネットで事前に調べておいたお店の中の一軒で素敵なスカートを見つけたので
購入~
優柔不断なママ、2つのスカートで悩んでいたら、ゆなちびが「ママ、
こっちのほうが絶対可愛いよ!」と即決(笑)
たよりになるねえねです。
ここのおじちゃんは姫たちにとブレスレット(計8本)とカスタネットをプレゼントしてくれ、
2人とも大喜びでした。

ランチはママが持っているスペイン料理(タパス)のレシピ本で紹介されていた
レストランに行ってみました。
中心部から少しだけはずれたところにあるので、観光客はなかなか来ないところ
かもしれません。
すごーく庶民的な感じのお店で、レシピ本にも書かれていたとおり、
まず最初にたのんでいないのにおじちゃんが「何か最初につまめるものを
持ってくるね」と出してくれたこの1皿。
いやー、これ単純そうに見えますが、ほんっとに感動のお味。
下の写真にあるカウンターに並んでいるトマトが自慢だそうですが、
とにかくトマトもホワイトアスパラもオリーブオイルも全部おいしくて、
前菜でこんなに感動したのは久々でした。
b0165707_763457.jpg

私がトマトを写真に撮ろうとしたら、「ちょっと待って!」と言って、
トマトをきれいに拭いて、積み上げて見栄えがいいようにしてくれたおじちゃん。
b0165707_772655.jpg


b0165707_77044.jpg
他には魚のフライ(これもあつあつの揚げたてで最高)や、コチニージョ(子豚)のフライ、この地方によくあるrevuelto(スクランブルエッグに野菜や魚など入っていてたくさん種類がある)をたのみました。
どれもほんとに素朴で家庭的な味がして、行ってみてよかったです。
食後におじちゃんが「僕のママが作ったお菓子を出してあげる」と手作りクッキーをサービスしてくれました♪

昔はパパと2人でちょっといいレストランでフルコースとかたまには行きたいと
思ってたし、行ってよかったーというところはあったけど、子どもができてからは
こういうお店で出会う1品のほうがより感動するし、また行きたい!と心に
残るのはこういうお店なんだろうなぁと思います。
スペインはどこでもそうだけど、素材の力を存分に活かした料理がとっても
おいしいなぁとあらためて思いました。

ランチの後は、街を流れるグアダルキビル川を遊覧する船に乗り、
1時間の船のツアー。
b0165707_794174.jpg

寒かったからがらすき~
内容もたいしたことはなかったのだけど、姫たちは楽しんでくれたし、
いい時間つぶしになりました。
b0165707_7101046.jpg


そして夕方18時40分の飛行機に乗ってバルセロナに帰ってきました~
3泊4日、毎日朝から晩までたっぷり遊んで、いつものごとく飲んで食べて、
本当に楽しかった!!
パパはほとんどのことが2度目だったのに、今回の旅をさせてくれて
ありがとう~

今週から、通常生活にもどりました。
ゆなちびは「ずーっとママと一緒のほうがいいよー」と言っていたのに、
幼稚園が始まった日の朝、るんるんで行って、「楽しかったー!」と
興奮状態で帰ってきました。
帰ると早速この日新しく知ったスペイン語、カタラン、英語を披露
していました。。。ほんとに切り替えが早い。
りせちゃんも託児所スタートしたのですが、かなり間があいたのに
全く泣かずに「まま、ばいばーい」と言って1人でとことことお部屋に入っていって
驚きました。
休み明けはちょっと寂しがるかなーなんて思っていたのはママだけでした(笑)
2人とも、とっても楽しく幼稚園、託児所に通ってくれていてほんとに何より。
今学期もがんばってねー
[PR]
by asarin0707 | 2010-01-12 23:30 | 旅行(スペイン)

グラナダ~セビーリャ 3泊4日の旅 ☆その1☆

スペインのクリスマスである1月6日からパパが5連休だったので、
アンダルシアのグラナダ、セビーリャに行ってきました。

実はパパはママたちがバルセロナに来る前の夏休みに、
どちらも1人で行ったので、今回の旅行は2度目のことばかり。
それでも、やっぱりスペインに住んだからにはどちらの街も
行っておきたい!というママのために、今回の旅行を完全に
ママに合わせてくれたパパに感謝です♪
横で「あーあ、また来るとおもわんかったなー」など、
ぶつぶつ言ってたこともあったパパですが(笑)
どこに階段があるとか全て覚えていたパパは、ガイドさん並に
「ここはベビーカーで行ける」とか「ここは持っていったらあかん」と
的確に教えてくれたので、下見をしていてくれて、かなり助かりました。

さて、今回はグラナダ編。

1月6日(水)
今回も4日間フルに使うべく、朝7時バルセロナ発のフライトでグラナダへ。
りせちゃんはぎりぎり23ヶ月のbebe。
飛行機でママのおひざに座るのは今回が最後でーす。
8時半前にグラナダ空港に到着。
そして9時過ぎに、この日宿泊したParador de Granadaに着きました。

パラドールとは中世の古城や修道院などを改装したスペインの国営ホテル
なのですが、ここグラナダのパラドールはアルハンブラ宮殿の敷地内に
あり、建物は15世紀に建てられたフランシスコ会の修道院。
やはり敷地内にあるということで、数ヶ月前に予約をしないといけないことも
時期によってはあるようなのですが、この日は祝日だけど、
連休でもなんでもないので、1週間前でも余裕でとれました。
b0165707_621365.jpg

クリスマスツリーもこの日まで。最後に見られてよかったね♪
b0165707_625875.jpg


朝早く到着したにもかかわらず、快くすぐにお部屋に案内していただきました。
早速ベッドで遊び始める姫たち。。。
b0165707_612540.jpg


そして、アルハンブラ宮殿の見学へ。
歴史的説明は省略させていただきます~
子連れで見学するには、やはりパラドールに泊まるのが一番。
広い敷地内を動き回らなくてはいけないし、建物の中はベビーカーでは
ほとんど難しいので、我が家もりせちゃんがかなり歩くようになってからで
よかったと思いました。
今から見学だよー遅れをとったりせちゃん、パパにかついでもらって上機嫌!
だけど、そのうしろで、すねるゆなちび(笑)
2人いるといっつも同じことを2人にしないといけないので、パパママも
体力勝負です。
b0165707_654553.jpg


アルカサバ。アルハンブラで最も古い部分。
b0165707_691335.jpg

b0165707_6105287.jpg

見張り台からは素晴らしい景色が一望できます。
ちょっと曇りがちだったのに、私たちがのぼると一気に晴れ間が。
ちなみに、前日も雨。そして翌日も大雨が降ったので、ほんとにこの日に
予約をしていてラッキー!!
子連れなら雨の中見学はとてもじゃないけど無理です。。。
b0165707_6435282.jpg

b0165707_6111068.jpg

b0165707_6121664.jpg

b0165707_6123276.jpg


下におりて、ひと休み。
2人でなにをお話してるのでしょう~
b0165707_6132165.jpg

「あっ!ねこ!」と言ったりせちゃん
b0165707_6135479.jpg

カルロス5世宮殿。
b0165707_6144786.jpg


そしてメインイベントであるアルハンブラの心臓部、ナスル朝宮殿へ。
ここは事前にネットで予約をするなどして、チケットを入手しておくのがベストです。
1時間おきにとることができて、その時間に入らなければいけません。
パパはそんなの知らずに、真夏の猛暑の中、何度も坂をのぼって
ここに来ることになり、死にそうだったそうです。。。

率直な感想。
やっぱり行ってみてよかった!
感動しました。
ガイドブックで写真とか見てもそんなにいいのかなぁと半信半疑だったけど、
ここは実際に自分の目で見ないとわからないんだなぁと思いました。
まぁ、どこの歴史的建造物でもそう思うんですけど。
パパはひたすらカメラマンに徹して、ゆなちびとママは「どうやって
こんなん作ったんやろうね~」を何度も連発しながら、みてまわりました。
ゆなちびも、だいぶ一緒に観光を楽しんでくれるようになって何よりです。
パパカメラマンの写真を一部ご紹介。
b0165707_621121.jpg

b0165707_6265154.jpg

b0165707_6271393.jpg

コマレス宮。
中庭いっぱいに作られた池に映し出されるコマレスの塔がとっても美しくて、
しばし座って、昔も今も変わることのない景色にうっとりしました。
晴れていて何よりでした♪
b0165707_6273889.jpg

ライオン宮。
ここの天井の鍾乳石飾りは、この宮殿随一と言われるほどの精密さをもつだけあって、
感動のひとこと。人の手でどうやったらこんな芸術がうまれるんでしょうね。
b0165707_6294754.jpg

ほんとはここ中庭に、ライオンの噴水があるのですが、ライオンさんたちは
まだ修復工事中で(工事終了予定は一応2009年末とされていたようなのですが
やっぱりスペイン!?)見ることができませんでした。残念~
b0165707_6312754.jpg


そして、このあとも敷地内にある離宮などを散策して、楽しみました。

ランチは街中におりていって、カテドラル近辺にあるレストランにふらーっと
入ってみたのですが、ここで食べたイベリコ豚のステーキが絶品!
こんなにやわらかいお肉は日本で食べたきり(笑)
パパママ、そしてゆなちびも感動してしまいました。

b0165707_6493632.jpg
そしてランチ後は、お部屋でのーんびりと過ごし、ディナーはパラドール内の
レストランで。
一番早くて20時からとういスペインのディナー。
これだけはどんなに長く住んでも慣れることはないでしょう。
前菜の牛肉のカルパッチョはおいしかったけど、メインはいまいちでした。。。
パラドールは今回のように目的があって(宮殿の敷地内にある)泊まるのはいいと思いますが、わざわざ行くような感じではないかなぁといった感じです。

旅の2日目。1月7日(木)
明け方から雨が降り始め(この日はスペイン中で雪や大雨。ニュースはこればかりでした)、
パラドールでゆっくり朝食をとったあと、この日宿泊するホテルへ移動~
昼頃まで雨が降ったので、広いアパルトメントにしておいてよかったです。
b0165707_65335100.jpg


雨がやんでから、アラブ街へくりだしました。
お土産物屋さんや、アラブ風カフェ、レストランなどまるで別世界にきたよう。
b0165707_6543938.jpg

この日は特に予定を立てていなかったので、ひたすら食べ歩きをすることに。
まず一軒目。
アラビアンな音楽がかかって、ダンス大好きなゆなちびはのりのりでした。
ゆなちびは曲調にあわせて、見事にダンスを変え、とってもおもしろいです♪
b0165707_6561930.jpg

ここではタジン(鶏とじゃがいも)とほうれん草とチーズを包んだピザのような料理を
いただきました。
どちらもとってもおいしかったです~りせちゃんはお昼寝中でしたzzz

b0165707_71818.jpg
二軒目はパパが1人旅で来たときに入ったというレストランへ。
そのとき、日本語情報センターのおじちゃんに珍しいものが食べたかったらここのバル、と教えてもらってsesos(脳みそ)を食べたそうで、ママも一度食べてみたら。。。と言われしぶしぶOK。
写真の手前にあるのがそれ。
今までアジア各地でそれは色々とグロテスクなものも食べてきたママですが、今回のはフライにしてあるものの、1つで限界でした(笑)
ゆなりせももちろん、すぐにいらーんとなって、結局パパが頑張って食べていました。
ま、これもおもしろ体験のひとつとして、かなり記憶に残る食感です。。。

二軒でおなかいっぱいになったので、お次はアラブ風カフェへ。
紅茶だけでもすごい種類があり、パパは「アルハンブラの夢」とかいういかにもという
紅茶、ママはチャイにしました。
ゆなりせは、おままごとみたいな感じのティーポットとグラスに大喜びしてました。
b0165707_724090.jpg


b0165707_782744.jpg

そしてテーブルの真ん中にあるのがCachimbaというたばこ。
パパは以前ここでカフェをしたときに興味があったそうなのですが、
さすがに1人では寂しかったみたいで、今回はどうしても試して
みたかったようで注文していました。

いちご、りんご、ミントなど色々な種類のフレーバーから選ぶこのたばこ。
パパはなぜか可愛らしくいちごを選らんでいました。
パパは昔も飲んだときにちょっとたばこを吸うぐらいで、今はもう全く
吸わないのですが、今日だけ特別。
ゆなちびもたばこを吸うパパをはじめて目撃。
パイプを吸うと下のほうに入っている水の部分がぶくぶく~となります。
ママも2~3回吸ってみましたが、「いちご」と言われればそんな気がする
という程度でおいしくもなく(笑)、でも普通のたばこよりは軽い気がしました。
これもまたおもしろ体験として、パパは満足だったようです。

というわけで、前半グラナダ編はこの辺で終わりです。
アルハンブラもとってもよかったし、アラブの雰囲気も味わえて、
なかなかおもしろかったです。

お次は、旅の後半、セビーリャ編です。
[PR]
by asarin0707 | 2010-01-10 23:17 | 旅行(スペイン)

年末年始あれこれ

みなさん、年末年始いかがお過ごしでしたか?
我が家はパパのクリスマス休暇や年末年始に
バルセロナ観光をたくさんしたり、おうちでのーんびり
して過ごしました。
そして、まだまだお休みが続きます~

年始早々、ごちゃまぜの内容になりますが、ゆなりせ家の
年末年始の様子です~

まず最初の観光は、カタルーニャ音楽堂。
世界遺産に登録されており、ガウディと同時代のモンタネールによって建てられた音楽堂。
現在もコンサートホールとして使用されているその内部は、こじんまりしているけれど、
とっても華やかで、「花の建築家」と呼ばれるのも納得。
内部は写真撮影が禁止されているので、ここでお見せできないのが残念です。。。
b0165707_7141875.jpg

音楽堂のすぐ外に可愛いツリーがありました
b0165707_773986.jpg


お次は海洋博物館。
パパが誰かに勧められたとかで行くことにしたんだけど、意外や意外(?)子どもたちも結構楽しく過ごしてくれて、行ってよかったなぁと思いました☆
入り口にて。
b0165707_7174634.jpg

こーんな大きなお船が展示されていて、階段をのぼって上からも中を見ることができます。
b0165707_720358.jpg

そしてこの博物館に行くと、おまけとして近くの港に停まっている小さい船の中に入ってみることもできます。
船内は特になにもないけど、子どもたちは喜んでました♪
b0165707_721502.jpg


あとはイタリアンを食べに、車でちょっと行ったところにある海岸へ行ったり・・・
ちょっと寒かったけど、みんなでお砂でおだんごを作ったりして遊びました~
b0165707_724938.jpg

今からお砂をばしゃーっ!としますよーの顔。
りせちゃんは思ったとおり、この後全身砂だらけになって遊びました。
b0165707_7265180.jpg


大晦日の夜はすることがなくて暇だったので、やっとこさ重い腰をあげて、
イルミネーションを見にいってきました。
今年は日本語もありましたよ♪ゆなちび、喜んでました☆
b0165707_728116.jpg

去年にはなかったようなイルミネーションもあって、結構楽しめました。
b0165707_7294275.jpg

実際の色合いはもーっと素敵で(新しいカメラを2つ持っていったのにどちらも色合いが
気に入らなかったパパ)これだけの色をつかっているのに、可愛かった~♪
b0165707_7303389.jpg

これはデパートの。これはやっぱり素敵♪
b0165707_7311526.jpg

おしゃれなグラシア通りはイルミネーションも大人っぽくてママは気に入りました☆
b0165707_73337100.jpg


あとは、バルでお食事♪
ここはほとんどカウンターのバルで、めちゃくちゃ混雑してて諦めかけたけど、
幸い近くの席のご夫婦がすぐにテーブルを譲ってくれて、助かりました。
フォアグラやhueva(腹子)など、普段は食べないものを注文してみたけど、
どれもとーってもおいしくて、また行きたいなーと思ったぐらいでした。
混雑してるバルはベビーカーの子連れには厳しいけど、子連れでも
お店の人、周りのお客さんが優しいし、なんといっても混んでいる時ほど
あっつあつのできたてが食べられるので、最高です☆
b0165707_735056.jpg

早速フォアグラに手を出すりせちゃん・・・でも食べてすぐにべーでした(笑)
さすがの美食家りせちゃんもまだ分からないお味だったようです。
ちなみに慎重派ゆなちびは、「これは大人のだよ」と言われると一切口にしません。
b0165707_7401345.jpg


その後ボルン地区を散策。
お友達に教えてもらった、キャンディー屋さんへ行きました。
この辺りは、日本人好み(?)なお菓子屋さんなどがあって、
バルセロナにもこんなおしゃれな感じのお菓子があったんだーと感心しました(笑)
ゆなちび、しばし飴作りの見学。
b0165707_7493783.jpg

日本にはありそうでしょ?(笑)ゆなちび、興奮してました。
b0165707_750241.jpg


b0165707_7455690.jpg
スペインの大晦日の夜は、カウントダウンとともにぶどうを12粒食べるのだそうです。
去年はしていなかったので、今年は家族で挑戦。
12月に入るとスーパーで、手軽に食べられるようにとこんなぶどうの缶詰(1缶12粒いり)が出回ります。
ディズニーバージョンのもあって、ゆなちびは大喜び。

b0165707_74835100.jpg
パパママは普通のぶどうで、ゆなりせは缶詰ので。
3秒に1粒というペースはとてもじゃないけど追いつかなくて、もちろん4人ともまったく間に合いませんでした。






あとは、新しい年が始まるとよくパパがいうセリフ
「今年はパパもお料理やったる!」
これは毎年全然長続きしないのですが(笑)、クリスマスに帰国された同じ会社のご家族から
ガスコンロをいただいて(他にも色々と料理用家電などいただいて、嬉しかったー)
お鍋ができる!ということで、パパがはりきってあんこう鍋を作ってくれました。

b0165707_7281450.jpg
まずはいつもまぐろなど魚を買いに行く市場へ。
あんこうといえば、こちらでも結構お高いのですが、なぜかびっくりするぐらい安いあんこうがあって、まぁ失敗したらもったいないからということで、この安いのを買いました(笑)



b0165707_7304171.jpg
忘れてはいけないのが、頭!
ほんとにグロテスクなんだけど、鍋には欠かせないコラーゲンたっぷりの部分。
こちらは市場文化なので、ゆなちびには日本にいるよりも本物に近い姿のものを
見せてあげられるのでいい勉強かなと思ったり♪
本人も興味津々だしね。

b0165707_7354555.jpg
ここに来たら忘れません、まぐろ!
こんな感じで売られていて、だいたいひとつ丸ごと買います。
今回はトロの部分を購入~☆しかも800gほど。でも赤身よりちょっと高いだけなので、ほんとにお得!日本にいたらそうは食べられないものです。
バルセロナにいるほうが、日本にいるより安くて新鮮なお刺身が家で食べられるなんて・・・
りせちゃんにはまだお刺身は一切あげませんが、3人でたった2日間で食べきってしまいました。

b0165707_7414480.jpg
パパの調理開始。
今回はちゃんとネットでレシピを調べて、忠実にあんこう鍋を作ってくれました。
頭からとったダシをベースにした味噌風味。
お皿に乗っているのが頭の部分です。






b0165707_7451281.jpg
いやー、ほんとにおいしかったよ!!
パパ、ありがとう~
あんこうがぷりっぷりで、頭の部分もぷるっぷるのコラーゲンがたっぷり。
ほんとに翌朝の化粧ののりが違ったような気がした(単純な私・・・)
お鍋とトロをたーくさん食べた後は、頭の部分を食べて、最後は雑炊。
この雑炊がまたものすっごくおいしくて、ゆなりせもおなかいっぱいのはずがばくばく食べていました!


かなり長くなってしまいましたが、最近比較的暖かいこともあって
家族みんな風邪もひかず、元気にクリスマス、年末年始を過ごすことが
できて、バルセロナの冬の思い出がたーっくさんできました。

今年もこんな我が家ですが、ゆなりせブログを応援してください♪
よろしくお願いします~
[PR]
by asarin0707 | 2010-01-04 23:55 | バルセロナ