2010年7月 スペイン・バルセロナから帰国、家族4人大阪での新しい生活が始まりました。5歳のゆなちび、2歳のりせちゃんの日常を綴ります。
by asarin0707
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
ゆなりせ
バルセロナ
あゆちゃん
旅行(スペイン)
旅行(その他)
旅行(クルーズ)
その他
Hawaii 2011
おでかけ
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:旅行(スペイン)( 8 )

カナリア諸島 テネリフェ島へ (後半)

b0165707_6395744.jpg

旅の後半は、レンタカーで島の山側をドライブ。
島の半分は、北と南にある2つの空港を結ぶため
高速があるのですが、その反対側は山道がたくさん。
地図見ても1つ山を越えるなんて分からなくて、
パパがすぐ行けるだろう~と思ってドライブしはじめたら
延々何時間もかかってしまい、ゆなちびは生まれて初めて
車酔い。。。
でも車から出たらすぐ飛び回るぐらい元気になったので
よかったです。

ドライブ中、一番高い場所からみた景色。
ひたすら続いた山道ドライブにちょっと疲れていた時だったけど、
こんな景色にはしばし感動。
でも、ものすごーい強風で車のドアをあけたら
そのドアが反対に折れてしまいそうなぐらい!!!
りせちゃんを下に降ろしたら絶対飛んでしまう!ってことで
パパが必死に抱っこ。
1~2分で写真を撮ってすぐに車に戻りました。
b0165707_21243936.jpg

b0165707_21245810.jpg


こうして予想外の長時間ドライブになったのですが、りせちゃんが最近ますます
おしゃべりが上手になってきたことで、ゆなちびも話し相手ができて、
後部座席の2人はとっても楽しそうでした♪
2人でおててを握り合いながら、「ぎゅーちたー(ぎゅーって手を握ったということ)」って
何度も言い合ってはきゃはきゃは笑ったり。
まるでらぶらぶの恋人同士のような2人でした(笑)

さて、やっとこさ午後になってビーチに到着。
このあたりにはいくつもビーチがあるのですが、前日に行った場所が
お気に入りになってしまって、また同じとこに来ました。
b0165707_21274015.jpg

ビーチボール持って、「サッカーしようぜ~」と言うパパ。2人はやる気なしですぐ終了(笑)
そしてこの後、海に入った3人。
りせちゃんは久々の海で、「ママー!ぬれたー!」と言って号泣して帰ってきて、
ゆなちびもちょっと泳いですぐに帰ってきました。
パパだけ楽しそうに海で泳いだのでした~
b0165707_2128436.jpg

大きな石も運べるよ~!
b0165707_2130256.jpg

パパが海でぷかん~と浮かんで1人で遊んでいる間、ゆなりせは立派な
石のお城を作ったよ♪ 
最近パズルとか一度熱中し始めると、とことんやり続けるゆなちび。
石を色んな場所から拾い集めてきて、頑張ってました。
りせちゃんもおねえちゃんにすごーく協力的で、持ってきた
石を全部、「ねえね、はい!」って渡していて、とっても可愛かった~
b0165707_2129940.jpg


結局2人ともランチを忘れて、夕方まで遊び続けました。
ランチは海沿いのレストランで。
このあたりは観光客向けのレストランばかりなので、今回は食のレポートはなし。
珍しいものといえば、カナリア産のじゃがいもだけでした。
b0165707_21385022.jpg


ランチ後もまた「海に遊びに行こう!」とゆなちび。
今度は海沿いの公園をはしごして遊んだり・・・
b0165707_6371138.jpg

ひたすら平均台みたいなところを行ったり来たりしてみたり・・・
b0165707_6444047.jpg

まだ夏じゃないのに南国気分が味わえると幸せ~
b0165707_6454842.jpg

b0165707_6462222.jpg

b0165707_647958.jpg

最近何でも競争する2人。ママのおひざに乗るのも2人とも負けまいと必死です。
b0165707_6474636.jpg

力持ちパパでよかったね~2人合わせて28kgぐらい!
b0165707_6575566.jpg

カメラ越しに見る家族の横顔、ママが結構好きな写真です
b0165707_74147.jpg

b0165707_752345.jpg


この日も夜7時頃がすごく明るく、気温も高かったので、暗くなってくるまで
遊び続け、姫たちは大満足でした♪

最終日はホテルのプール。
午前中のプールはだーれも泳いでおらず、ゆなちびが貸切~
b0165707_7104271.jpg

りせちゃんは鼻水が出ていたので、普通の服を着させていたのですが、
いつの間にやらこんな姿で(りせちゃんが脱ぎたがったようで、パパが脱がせたのですが)
登場して、ゆなちび大爆笑。
b0165707_7112577.jpg

b0165707_7143378.jpg


3泊4日の旅。
こんなに時間を気にせず子どもたちを思う存分遊ばせてあげた旅も
今回が初めてだったかなぁ。
のんびりできて、これこそが最高の贅沢だったと思います。

子連れの旅というのは、毎回色々思うことがあったり、反省もあったりするものですが、
観光の予定をゼロにして行った今回の旅行、姫たちのとびっきりのスマイルが
たくさん見られて、ママはとっても幸せでした。
家族みんなで行くとどんなところもパラダイスだね♪
b0165707_720415.jpg

[PR]
by asarin0707 | 2010-04-10 05:16 | 旅行(スペイン)

カナリア諸島 テネリフェ島へ (前半)

先週のSemana Santa(聖週間)のお休みは、
スペインのカナリア諸島、テネリフェ島へ行ってきました。
今回は観光などせず、暖かい場所でのんびりしたいなぁと
いうことで、「常春の島」、「大西洋のハワイ」などとも呼ばれる
カナリア諸島に決定。

カナリア諸島はスペイン本土からなんと南西へ約1000km。
東へ約100kmいくと、そこはアフリカ大陸という場所にあります。
スペインにいる今でないとなかなか行けないような場所ですね。

ここは年間を通じて温暖な気候であるため、避暑地、避寒地としても
人気が高いようで、英語、ドイツ語表記が多かったので、イギリス・
ドイツからの観光客が多いみたいです。
ちなみにアジア人は全くといっていいほど見かけませんでした。
4日間滞在中に2回、パパは「ドイツ人か?」 「イタリア人か?」と
言われ、挙句の果てに「んー違うならロシア人か?」と(笑)
「アジア」という存在すら知られていないような感覚に陥ったほど
遠い国なんだなぁと感じた瞬間でした。

バルセロナから飛行機で3時間半。
2歳になったりせちゃん、今回からちゃんと座席があるので、
ママは楽ちんでした♪
今までの旅行で一番長いフライトだったけど、2人とも
全く手がかからず、パパママと一緒に寝てくれたりで
この1年で旅行の移動が随分楽になったなぁと感じました。

さて、私たちが行ったのはカナリア諸島最大の島、テネリフェ島。
あいにくあんまりお天気がよくなく、曇りや夜は小雨が降ったりでしたが、
だいたい気温は一日を通して20度前後と温暖で、晴れ間がのぞくと
半そでで過ごせるような感じでした。

やっぱりここは南国。
さぼてんはもちろん、珍しい大木、お花もたーくさん♪
とかげもいて、パパはゆなちびに見せようと必死に追いかけてました。
家の外壁は白もしくはカラフルで昨年夏に行った
ギリシャの島々や、スペイン南部の風景を思い出しました。
b0165707_484213.jpg

b0165707_4101637.jpg

b0165707_411222.jpg


初日のお昼はこんな素敵な景色が見えるレストランで。
b0165707_412659.jpg

食後のデザートはアイス☆
途中、こんな会話が。
りせ「ゆーなーちゃん、アイチュちょーだい!」
ゆな「だーめ」
りせ「ままー、ゆなちゃん、だめちたー(だめって言ったのこと)
   りせちゃん、たーべーたい!」
と、まぁこんなおもしろおかしい会話もするようになった姉妹です。
b0165707_4133613.jpg

普段家の中でもそうですが、面倒見のいいおねえちゃんのおかげで、
外出時もママはほんとに楽ちんです。
b0165707_4163918.jpg

ゆなちび、今まではこんなのやらない!って言ってたのですが、さすがもうすぐ5歳の
おねえちゃん。初挑戦!
b0165707_4171122.jpg

すごい顔してるの分かりますか?
b0165707_4192635.jpg

ゆなちびのジャンプ力ではあまり高くまではあがらなかったので、
おじさんはゆなちびに大サービス。何度もひっぱっては飛ばしてくれて、この通り~

見学していたりせちゃん。何でもねえねの真似っ子のりせちゃんもさすがにこればかりは
やりたいとは言わず(笑) 「ゆなちゃーん、すごーい!」と言ってました。
b0165707_4205498.jpg


2日目はレンタカーを借りて、まずはパパが行きたいという電気屋さんや
デパートへ行き(仕事の関係でいつも色んな場所に旅行行くたびに行きたがります)
午後からは島のリゾート地へ行ってビーチで遊びました。

ちなみにこの写真は夜8時!
つい1週間前に夏時間になったこともあり、ほんとに時間が分からなくなります。
バルセロナでも8時過ぎにようやく暗くなってくるように。。。
b0165707_4281016.jpg

b0165707_4284278.jpg

b0165707_429389.jpg


お砂は真っ黒!
火山活動によって生まれた島々だからでしょうか。
軽石みたいなのもちょこちょこありました。

2人とも時間を忘れて、延々と砂浜で遊んでいました。
日本に帰ったら混雑しているビーチになどもう絶対行けません・・・

こうやって思う存分体を動かして、楽しそうに遊んでいる姫たちを
見るのが最高の幸せです♪

旅の前半はこの辺で。
後半もビーチばっかりなのですが、おつきあいのほどよろしくお願いします~
[PR]
by asarin0707 | 2010-04-09 14:06 | 旅行(スペイン)

グラナダ~セビーリャ 3泊4日の旅 ☆その2☆

旅の続きです。

1月8日(金)
11時半、グラナダ発のRENFEでセビーリャへ。
後ろに見えるのは雪で真っ白のシエラネバダ山脈。
b0165707_648525.jpg

約3時間の鉄道の旅、ひたすら続くオリーブの林を眺め、
スペインらしい景色を存分に楽しみました。
姫ちゃんたちはずーっとおとなしく座ってくれてるし、そのうえ
珍しいことにりせちゃんはパパの上で寝ると言ってくれて、
ママは1人でのんびりお昼寝もできました~
当たり前だけど、1年前に比べたら随分旅が楽になりました。
(そういや1年前はまだりせちゃんおっぱい飲んでたんだもんね(笑))

さて、セビーリャに到着してホテルにチェックイン、そして
早速観光へ。

セビーリャはスペイン第4の都市(第1~4までは制覇しましたね)、
そして皆さんご存知、フラメンコと闘牛の本場でもあります。

まず行ったのは、カテドラルとヒラルダの塔。
パパはここも去年1人で行っているので、かわいそうだったけど、
ママがスペインにいる間に行きたかった場所のひとつ。
セビーリャも天気がずっと不安定だったのに、この日は気持ちがいい
ほどの青空!
そして、私たちが帰った直後、55年ぶりにセビーリャに
雪が降ったというニュースが・・・ぎりぎりセーフでした。
b0165707_6491432.jpg


このカテドラルはスペイン最大、ヨーロッパ内では
サン・ピエトロ寺院、ロンドンのセントポール寺院につぐ規模なんだそうです。

「後世の人々が我々を正気の沙汰ではないと思うほど巨大な聖堂を
建てよう」とガイドブックに書いてありましたが、中に入るとその規模に
やはり驚きました。
ゆなちびもアルハンブラ宮殿に続き、「こんなんどうやって作ったんやろうねー」と
ひたすら感心していました。

写真では大きさが伝えきれず残念ですが、いくつか載せたいと思います。
とにかく大きくて見所がたくさん。ステンドグラスもとってもきれいでした。
もしスペインを旅行するなら、必ずここは行ってほしいと思うほど、私は
気に入りました。
b0165707_652482.jpg

b0165707_6522640.jpg

コロンブスのお墓
b0165707_6525221.jpg

b0165707_6532598.jpg


カテドラル横のヒラルダの塔はまさにセビーリャを象徴するように、
イスラム教とキリスト教が融合した塔で、高さ70mの展望台にのぼると
セビーリャの街が一望できます。
b0165707_6535226.jpg


珍しいことに、展望台まえでゃ最後の10段ほどの階段をのぞけば
全て坂になっているので、ベビーカーを押したまま一番上までのぼることが
できます。
階段だとしんどいけど、坂だったので、ゆなちびは行きも帰りも先頭に
立って、楽しそうに上り下りしました。
b0165707_654213.jpg

b0165707_6544598.jpg


カテドラルのお庭。
街全体にもこんな風にオレンジの木がたっくさん。
りせちゃんはオレンジを見つけて、「ぴかん(みかんのこと)、ぴかん!」と
大興奮していました(笑)
b0165707_72873.jpg


b0165707_6563988.jpg
カテドラル観光を終えたあと、遅めのランチ。
ここセビーリャもバルがたくさんあって、どこに入ろうか迷うほど。
通りまで人があふれかえっているという活気のあるバルも何度もみました。
私たちはホテルのお姉さんに勧めてもらったバルに行ってみて、いくつかタパスを頼んでみました。
名前は忘れたけど、この写真のように、バルセロナとはまた違ったタパスがあって、どれもおいしかったです~
b0165707_6581274.jpg

セビーリャのバルやレストランは、生ハムをつりさげているところが多いように思ったけど、ここのバルの生ハムもとってもおいしかった♪
気がつけば、パパも私もこの1年ちょっとで相当生ハムの味にうるさくなっていて、ここスペインでもちょっとやそっとでは満足しません。。。
きっと日本に帰ったら、もう生ハムは食べられたもんじゃないでしょうなぁ。


おなかいっぱいになった後は、ママの旅の目的のひとつである、
フラメンコのスカート探し。
といっても、ほんとの衣装を買うわけではなく、あくまでお教室用だけど
ちょっと柄の入ったスカートが欲しくて。。。
ここは本場、さすがにどこ歩いてもフラメンコの衣装店があるのですが、
スカートだけというのはなかなかなくて(そもそもママのサイズもないし)
お祭りなどで着る華やかなドレスが大半。
結局この日は見つからず断念。

街中の靴屋さんは水玉模様の子供用の靴もたくさん。カラフルで見ていて楽しいですね☆
b0165707_735871.jpg

しばし休憩~華やかな街です。
b0165707_7113319.jpg

パパはほんと毎日こんなデレデレです。
あまりに女の子が可愛すぎて、本気でもう1人娘が欲しいとか言っているし。。。
b0165707_7115966.jpg


b0165707_6585031.jpg
最後にスカートを探しに行ったのが「フラメンコ博物館」でふと見たら、ちょうど10分後にフラメンコのショーがあると書いてあったので、すぐにチケットを買って、見ることに☆
フラメンコは早くても夜8時から開始で、ゆなりせ連れては無理だなーと思って、本場だけどフラメンコは見れなくてもしょうがないと諦めていたのだけど、ここは7時半からしかも時間も短めで、小さい子連れも大丈夫だったので、(あとから聞いたら、タブラオで5歳以下は入れないところもあるそうですね)存分にショーを満喫できました。
フラメンコを見たこともなく、いきなり習い始めた私(笑)
初めてフラメンコを見て、私がやってる踊りはなんなのか。。。とショック
でしたが、迫力あるフラメンコ、感動しました~
日本に帰っても続けたいなぁ。。。
そして男の人の踊りも見て、パパも自分にもできそう、と興味が
沸いた様子!?
私が今通ってる教室には普通に男性も生徒としているのですが、
日本は男性はいるのでしょうか???かっこいいと思うんですけどねぇ。

りせちゃんは最後のほう飽きてきて泣いちゃうハプニングはあったけど、
(パパがいったん出口に連れ出す)、ゆなちびもりせちゃんも迫力満点の
フラメンコを真剣な眼差しで見ていました。
途中からは歌い手さんの手拍子にあわせて一緒に手拍子したり、
ホテルに帰ってからもフラメンコごっこ(ベッドの上で踊り狂う)を
したほどです。

移動もあって長い一日だったけど、ゆなりせは電車でお昼寝を
していたおかげで、フラメンコも存分に楽しんでくれ、エネルギー全開の
一日でありました。

(おまけ)

エキストラベッドは2段ベッドだったんだけど、下のほうで2人で一緒に寝る!と
言いはって、きゃーきゃー喜びながらベッドに入った2人。
絶対落ちるだろうなぁと思いながらそのまま寝かせたんだけど(いつもパパが
1人でエキストラベッドでかわいそうだしね)、明け方りせちゃんが起きて
大泣きしてママのところにくるまでは、2人でぴったりくっついてねんねしていました。
家でも最近2人はくっついて寝ていて、ゆなちびはりせちゃんが生まれた
当初から変わらずおててを持って寝ていたりします。昔はママのおててがないと
寝られなかったのにね。
りせちゃんも途中で起きても、ねえねがいたらすぐ安心して寝ているし、
ほんとに可愛い姉妹です。
b0165707_7145225.jpg



1月9日(土)
旅の最終日。
この日も快晴!!!
セビーリャの街を流れる川では、朝からボートをしている人がたくさん。
気持ちよさそう~
b0165707_743334.jpg


そしてそんな景色を見ながら、ママのスカート探しの続き。
ネットで事前に調べておいたお店の中の一軒で素敵なスカートを見つけたので
購入~
優柔不断なママ、2つのスカートで悩んでいたら、ゆなちびが「ママ、
こっちのほうが絶対可愛いよ!」と即決(笑)
たよりになるねえねです。
ここのおじちゃんは姫たちにとブレスレット(計8本)とカスタネットをプレゼントしてくれ、
2人とも大喜びでした。

ランチはママが持っているスペイン料理(タパス)のレシピ本で紹介されていた
レストランに行ってみました。
中心部から少しだけはずれたところにあるので、観光客はなかなか来ないところ
かもしれません。
すごーく庶民的な感じのお店で、レシピ本にも書かれていたとおり、
まず最初にたのんでいないのにおじちゃんが「何か最初につまめるものを
持ってくるね」と出してくれたこの1皿。
いやー、これ単純そうに見えますが、ほんっとに感動のお味。
下の写真にあるカウンターに並んでいるトマトが自慢だそうですが、
とにかくトマトもホワイトアスパラもオリーブオイルも全部おいしくて、
前菜でこんなに感動したのは久々でした。
b0165707_763457.jpg

私がトマトを写真に撮ろうとしたら、「ちょっと待って!」と言って、
トマトをきれいに拭いて、積み上げて見栄えがいいようにしてくれたおじちゃん。
b0165707_772655.jpg


b0165707_77044.jpg
他には魚のフライ(これもあつあつの揚げたてで最高)や、コチニージョ(子豚)のフライ、この地方によくあるrevuelto(スクランブルエッグに野菜や魚など入っていてたくさん種類がある)をたのみました。
どれもほんとに素朴で家庭的な味がして、行ってみてよかったです。
食後におじちゃんが「僕のママが作ったお菓子を出してあげる」と手作りクッキーをサービスしてくれました♪

昔はパパと2人でちょっといいレストランでフルコースとかたまには行きたいと
思ってたし、行ってよかったーというところはあったけど、子どもができてからは
こういうお店で出会う1品のほうがより感動するし、また行きたい!と心に
残るのはこういうお店なんだろうなぁと思います。
スペインはどこでもそうだけど、素材の力を存分に活かした料理がとっても
おいしいなぁとあらためて思いました。

ランチの後は、街を流れるグアダルキビル川を遊覧する船に乗り、
1時間の船のツアー。
b0165707_794174.jpg

寒かったからがらすき~
内容もたいしたことはなかったのだけど、姫たちは楽しんでくれたし、
いい時間つぶしになりました。
b0165707_7101046.jpg


そして夕方18時40分の飛行機に乗ってバルセロナに帰ってきました~
3泊4日、毎日朝から晩までたっぷり遊んで、いつものごとく飲んで食べて、
本当に楽しかった!!
パパはほとんどのことが2度目だったのに、今回の旅をさせてくれて
ありがとう~

今週から、通常生活にもどりました。
ゆなちびは「ずーっとママと一緒のほうがいいよー」と言っていたのに、
幼稚園が始まった日の朝、るんるんで行って、「楽しかったー!」と
興奮状態で帰ってきました。
帰ると早速この日新しく知ったスペイン語、カタラン、英語を披露
していました。。。ほんとに切り替えが早い。
りせちゃんも託児所スタートしたのですが、かなり間があいたのに
全く泣かずに「まま、ばいばーい」と言って1人でとことことお部屋に入っていって
驚きました。
休み明けはちょっと寂しがるかなーなんて思っていたのはママだけでした(笑)
2人とも、とっても楽しく幼稚園、託児所に通ってくれていてほんとに何より。
今学期もがんばってねー
[PR]
by asarin0707 | 2010-01-12 23:30 | 旅行(スペイン)

グラナダ~セビーリャ 3泊4日の旅 ☆その1☆

スペインのクリスマスである1月6日からパパが5連休だったので、
アンダルシアのグラナダ、セビーリャに行ってきました。

実はパパはママたちがバルセロナに来る前の夏休みに、
どちらも1人で行ったので、今回の旅行は2度目のことばかり。
それでも、やっぱりスペインに住んだからにはどちらの街も
行っておきたい!というママのために、今回の旅行を完全に
ママに合わせてくれたパパに感謝です♪
横で「あーあ、また来るとおもわんかったなー」など、
ぶつぶつ言ってたこともあったパパですが(笑)
どこに階段があるとか全て覚えていたパパは、ガイドさん並に
「ここはベビーカーで行ける」とか「ここは持っていったらあかん」と
的確に教えてくれたので、下見をしていてくれて、かなり助かりました。

さて、今回はグラナダ編。

1月6日(水)
今回も4日間フルに使うべく、朝7時バルセロナ発のフライトでグラナダへ。
りせちゃんはぎりぎり23ヶ月のbebe。
飛行機でママのおひざに座るのは今回が最後でーす。
8時半前にグラナダ空港に到着。
そして9時過ぎに、この日宿泊したParador de Granadaに着きました。

パラドールとは中世の古城や修道院などを改装したスペインの国営ホテル
なのですが、ここグラナダのパラドールはアルハンブラ宮殿の敷地内に
あり、建物は15世紀に建てられたフランシスコ会の修道院。
やはり敷地内にあるということで、数ヶ月前に予約をしないといけないことも
時期によってはあるようなのですが、この日は祝日だけど、
連休でもなんでもないので、1週間前でも余裕でとれました。
b0165707_621365.jpg

クリスマスツリーもこの日まで。最後に見られてよかったね♪
b0165707_625875.jpg


朝早く到着したにもかかわらず、快くすぐにお部屋に案内していただきました。
早速ベッドで遊び始める姫たち。。。
b0165707_612540.jpg


そして、アルハンブラ宮殿の見学へ。
歴史的説明は省略させていただきます~
子連れで見学するには、やはりパラドールに泊まるのが一番。
広い敷地内を動き回らなくてはいけないし、建物の中はベビーカーでは
ほとんど難しいので、我が家もりせちゃんがかなり歩くようになってからで
よかったと思いました。
今から見学だよー遅れをとったりせちゃん、パパにかついでもらって上機嫌!
だけど、そのうしろで、すねるゆなちび(笑)
2人いるといっつも同じことを2人にしないといけないので、パパママも
体力勝負です。
b0165707_654553.jpg


アルカサバ。アルハンブラで最も古い部分。
b0165707_691335.jpg

b0165707_6105287.jpg

見張り台からは素晴らしい景色が一望できます。
ちょっと曇りがちだったのに、私たちがのぼると一気に晴れ間が。
ちなみに、前日も雨。そして翌日も大雨が降ったので、ほんとにこの日に
予約をしていてラッキー!!
子連れなら雨の中見学はとてもじゃないけど無理です。。。
b0165707_6435282.jpg

b0165707_6111068.jpg

b0165707_6121664.jpg

b0165707_6123276.jpg


下におりて、ひと休み。
2人でなにをお話してるのでしょう~
b0165707_6132165.jpg

「あっ!ねこ!」と言ったりせちゃん
b0165707_6135479.jpg

カルロス5世宮殿。
b0165707_6144786.jpg


そしてメインイベントであるアルハンブラの心臓部、ナスル朝宮殿へ。
ここは事前にネットで予約をするなどして、チケットを入手しておくのがベストです。
1時間おきにとることができて、その時間に入らなければいけません。
パパはそんなの知らずに、真夏の猛暑の中、何度も坂をのぼって
ここに来ることになり、死にそうだったそうです。。。

率直な感想。
やっぱり行ってみてよかった!
感動しました。
ガイドブックで写真とか見てもそんなにいいのかなぁと半信半疑だったけど、
ここは実際に自分の目で見ないとわからないんだなぁと思いました。
まぁ、どこの歴史的建造物でもそう思うんですけど。
パパはひたすらカメラマンに徹して、ゆなちびとママは「どうやって
こんなん作ったんやろうね~」を何度も連発しながら、みてまわりました。
ゆなちびも、だいぶ一緒に観光を楽しんでくれるようになって何よりです。
パパカメラマンの写真を一部ご紹介。
b0165707_621121.jpg

b0165707_6265154.jpg

b0165707_6271393.jpg

コマレス宮。
中庭いっぱいに作られた池に映し出されるコマレスの塔がとっても美しくて、
しばし座って、昔も今も変わることのない景色にうっとりしました。
晴れていて何よりでした♪
b0165707_6273889.jpg

ライオン宮。
ここの天井の鍾乳石飾りは、この宮殿随一と言われるほどの精密さをもつだけあって、
感動のひとこと。人の手でどうやったらこんな芸術がうまれるんでしょうね。
b0165707_6294754.jpg

ほんとはここ中庭に、ライオンの噴水があるのですが、ライオンさんたちは
まだ修復工事中で(工事終了予定は一応2009年末とされていたようなのですが
やっぱりスペイン!?)見ることができませんでした。残念~
b0165707_6312754.jpg


そして、このあとも敷地内にある離宮などを散策して、楽しみました。

ランチは街中におりていって、カテドラル近辺にあるレストランにふらーっと
入ってみたのですが、ここで食べたイベリコ豚のステーキが絶品!
こんなにやわらかいお肉は日本で食べたきり(笑)
パパママ、そしてゆなちびも感動してしまいました。

b0165707_6493632.jpg
そしてランチ後は、お部屋でのーんびりと過ごし、ディナーはパラドール内の
レストランで。
一番早くて20時からとういスペインのディナー。
これだけはどんなに長く住んでも慣れることはないでしょう。
前菜の牛肉のカルパッチョはおいしかったけど、メインはいまいちでした。。。
パラドールは今回のように目的があって(宮殿の敷地内にある)泊まるのはいいと思いますが、わざわざ行くような感じではないかなぁといった感じです。

旅の2日目。1月7日(木)
明け方から雨が降り始め(この日はスペイン中で雪や大雨。ニュースはこればかりでした)、
パラドールでゆっくり朝食をとったあと、この日宿泊するホテルへ移動~
昼頃まで雨が降ったので、広いアパルトメントにしておいてよかったです。
b0165707_65335100.jpg


雨がやんでから、アラブ街へくりだしました。
お土産物屋さんや、アラブ風カフェ、レストランなどまるで別世界にきたよう。
b0165707_6543938.jpg

この日は特に予定を立てていなかったので、ひたすら食べ歩きをすることに。
まず一軒目。
アラビアンな音楽がかかって、ダンス大好きなゆなちびはのりのりでした。
ゆなちびは曲調にあわせて、見事にダンスを変え、とってもおもしろいです♪
b0165707_6561930.jpg

ここではタジン(鶏とじゃがいも)とほうれん草とチーズを包んだピザのような料理を
いただきました。
どちらもとってもおいしかったです~りせちゃんはお昼寝中でしたzzz

b0165707_71818.jpg
二軒目はパパが1人旅で来たときに入ったというレストランへ。
そのとき、日本語情報センターのおじちゃんに珍しいものが食べたかったらここのバル、と教えてもらってsesos(脳みそ)を食べたそうで、ママも一度食べてみたら。。。と言われしぶしぶOK。
写真の手前にあるのがそれ。
今までアジア各地でそれは色々とグロテスクなものも食べてきたママですが、今回のはフライにしてあるものの、1つで限界でした(笑)
ゆなりせももちろん、すぐにいらーんとなって、結局パパが頑張って食べていました。
ま、これもおもしろ体験のひとつとして、かなり記憶に残る食感です。。。

二軒でおなかいっぱいになったので、お次はアラブ風カフェへ。
紅茶だけでもすごい種類があり、パパは「アルハンブラの夢」とかいういかにもという
紅茶、ママはチャイにしました。
ゆなりせは、おままごとみたいな感じのティーポットとグラスに大喜びしてました。
b0165707_724090.jpg


b0165707_782744.jpg

そしてテーブルの真ん中にあるのがCachimbaというたばこ。
パパは以前ここでカフェをしたときに興味があったそうなのですが、
さすがに1人では寂しかったみたいで、今回はどうしても試して
みたかったようで注文していました。

いちご、りんご、ミントなど色々な種類のフレーバーから選ぶこのたばこ。
パパはなぜか可愛らしくいちごを選らんでいました。
パパは昔も飲んだときにちょっとたばこを吸うぐらいで、今はもう全く
吸わないのですが、今日だけ特別。
ゆなちびもたばこを吸うパパをはじめて目撃。
パイプを吸うと下のほうに入っている水の部分がぶくぶく~となります。
ママも2~3回吸ってみましたが、「いちご」と言われればそんな気がする
という程度でおいしくもなく(笑)、でも普通のたばこよりは軽い気がしました。
これもまたおもしろ体験として、パパは満足だったようです。

というわけで、前半グラナダ編はこの辺で終わりです。
アルハンブラもとってもよかったし、アラブの雰囲気も味わえて、
なかなかおもしろかったです。

お次は、旅の後半、セビーリャ編です。
[PR]
by asarin0707 | 2010-01-10 23:17 | 旅行(スペイン)

San Sebastianへの旅

12月5日~8日の4連休を利用して、スペイン北部バスク地方にある
サン・セバスティアンへ2泊3日の旅行をしてきました。
一気にアップするのでかなり長い旅行記ですみません。。。

ちなみにサン・セバスティアンはここ↓
パパがママのリクエストに応じてこれをささっと作ってくれました。
こうすると分かりやすいですねよね♪
b0165707_862652.jpg


バルセロナからは車で約5時間半。
でもこちらは連休といっても、日本のような渋滞はまったく
ないので、朝ものんびり出発、快適なドライブです。
ちなみに高速の制限速度120kmなので、それぐらいで
走り続けると結構運転手さんは疲れると思います。。。

バスク地方といえば、なんといってもピンチョス!
冬の旅行はやっぱり食べる楽しみがないと!ということで
行ってみることに。
スペインとフランス両国に文化圏がまたがるバスク地方は、
スペインの中でもグルメな土地として有名で、毛ガニなど
魚介類が豊富です。
ここに来るまではスペインのイメージってパエリャぐらいだったけど
(それもどうかと・・・)北に行っても、南に行っても、ありとあらゆる
魚介類が楽しめるスペインは日本人にとっては最高だなぁと
つくづく思います。

さて、1日目のバルめぐり!
バルがたくさん並んでいる通りは人がいーっぱい。
お店の外にまで人があふれていて、すごい活気でした。

b0165707_8274053.jpg
1軒目。
地酒のチャコリ(微発砲性の白ワイン)と共に気に入ったピンチョスをお皿に乗せて、いっただきまーす♪
話には聞いてたけど、どれも絶品!
チャコリもすーっごく飲みやすくて、おいしかったです☆☆
入れ方はこんな風に上から注ぎます。


b0165707_8285041.jpg
どれにしようかほんとに悩みます。












b0165707_8281541.jpg


さて、次はどこで食べようかなーと嬉しそうな姫たち。
b0165707_8321117.jpg


2軒目。
お店によって色々あるので、何軒かはしごをすると楽しめますね♪
想像以上に具が多くて、2軒目でみんなおなかいっぱいに・・・
この後、お散歩して、カフェしました~
b0165707_8324794.jpg

b0165707_424425.jpg

        りせちゃん、スマイルは得意ですが正面むきません。
b0165707_4254550.jpg

      ふと見たらあれれ!?どっちがベビちゃんなのやら・・・もう4歳半なんですが。。。

宿泊したのは今回もアパルトメントホテル。
スペインに来た当初、子供2人ということで、
ホテル探しに苦労したけど、だいたいどこでも
アパルトメントホテルは見つかるもので、
パパはすっかり検索上手になって、今回はママが
スペインに来て一番!と思えたアパルトメントホテルを
見つけてくれました☆

今年の夏(?)にできたばかりのようで、新しくてインテリアも
落ち着いた感じで、ゆなちびもママもすっごく気に入りました。
壁掛けのTV,いいなーと思ったら、珍しく(笑)パパの会社のだったので、
パパが喜んでいました。
ネスプレッソのエスプレッソマシーンも置いていて、
お部屋で贅沢にカフェもできて嬉しかった~♪
(エスプレッソマシーン、今、パパママが一番欲しいもの)
b0165707_4291285.jpg

b0165707_4293217.jpg

b0165707_4295736.jpg

ベランダからの景色はこんな感じ。
羊の群れも見えて、のどかな景色に癒されました~
b0165707_4302123.jpg


あまりにもここが居心地がよすぎて、すぐそこのフランスも
たずねる予定を取りやめ、ひたすらサン・セバスティアン近辺で
のんびり過ごすことに決定。
ゆなちびも4歳クラスになってから、平日たっぷり疲れて
帰ってきているので、週末もばたばたした旅行はかわいそうだし、
やっぱりこういう宿泊先が家にいるような感じでよかったです。


夜はまた旧市街へ出て、カテドラル近くのおしゃれなレストランで。
リゾット、ホタルイカのトルティーヤ(墨がたーっぷり!)、
イベリコ豚のヒレ肉をいただきました。
これまたどれもおいしくて、味覚はすっかりスペイン人のりせちゃんも
ぱっくぱく食べていました。
3歳までに味覚が決まる(?)みたいな話を聞いたことがあるのですが、
外食(スペイン食)すると明らかにゆなちびよりりせちゃんのほうが
よく食べるような気がします。。。
家ではもちろん和食中心だけど、毎週末外食しているので、
りせちゃんはかなりスペイン人の舌になっているのでは!?
日本に帰ったら、生ハムもオリーブもないよ、りせちゃん!
b0165707_431585.jpg


2日目は朝のーんびり起きて、朝食を食べて、お昼ごろ
フランス国境に接する港町Hondarribiaへ行ってみました。
対岸はもうフランス。
b0165707_4427100.jpg

b0165707_4423240.jpg

ここに来て思ったのが、緑の色がものすごーくきれいなこと。12月とは思えません。
ガイドブックを見たら、ここは年間を通じて雨が多く、緑が豊かなため
「グリーン・スペイン」と呼ばれることもあるそうな。納得!
こういう場所に来ると途端に姫たちが元気に走り回ります。

b0165707_446492.jpg
家並みがスペインのものとは違っていて、独特の雰囲気をもつ街でした。











ここアルマス広場には、昔ながらの木組みの家が建ち並んでいて、
カラフルでとてもかわいらしい家々でした。
b0165707_4453412.jpg

b0165707_4471738.jpg

b0165707_4464249.jpg
この城塞は現在はパラドール(中世のお城や修道院などを改装した国営ホテルのこと)になっています。







HondarribiaからSan Sebastianに戻ってきて、
2日目のランチ。
Juanito Kojuaというレストランへ行ってきました。
ゆなちびと同じクラスででサン・セバスティアンから30分ぐらいの
街出身のスペイン人ママがいて、私が旅行に行くという話をしたら、
夏休みに帰省するときに行くレストランがあるから
ぜひ行ってみて!と教えてもらったのです♪

前菜の魚介のスープ。適度に濃厚でとーってもおいしかった。
子供たちも競い合うようにして飲んだので、あっという間になくなった・・・
アーティチョークは大人向けでパパママでゆっくりいただきました。
メインはバスクといえば、というイカの墨煮と毛ガニ!
なんせ語彙力がないもので、いつも私のブログの食の記事は
おいしい、おいしいを連発していると思うのですが、スペインは
素材を活かした料理が本当においしいなといつも思います。
いやはや、また贅沢なランチをしてしまいました・・・
b0165707_4585293.jpgb0165707_4591542.jpg








ランチ後はホテルでずーっとのんびり。
・・・と言いたいところだけど、りせちゃんは夜寝る直前まで
ソファで暴れまわっておおはしゃぎ。パパママは交代で
相手をして大変でした(笑)
幼稚園でお疲れねえねは、しっかりお昼寝してました。

3日目。
朝10時半頃からバルへ!
1日目、ベビーカーが到底入ることができなかった
混雑していたバルへ行くため、午前中に食べに行くことに。
そうしたら、ほとんど人もいなくて、ゆっくり食べることが
できてよかったです。

b0165707_54111.jpg
1軒目はエビのピンチョスがおいしいとお友達に教えてもらったバル。
一見、単純なピンチョスなのに、なんでこんなにおいしいんだろう!というものが本当に多い。
ここはカウンターしかないので、お店のおばちゃん、下のほうでもぞもぞりせちゃんが動いていたら、ここに座っていいよ!とカウンターに座らせてくれた上、子供たちにモストというぶどうジュースとお水もサービスしてくれました☆
日本でいう立ち飲み居酒屋に連れて行ってるようなもんですが(笑)子連れでもまったく問題なくこういうグルメが楽しめるのはスペインならではかもしれません。

b0165707_510073.jpg
2軒目は毛ガニのタルトがおいしいというこれまた教えてもらったバルへ。
ここでは食べなかったけど、写真の奥にうつっているきのこ、ものすごーく大きくてびっくり!この秋はママにとってはスペインでのたった一度の秋でしたが、日本とは全く違う種類のきのこを何度かレストランで食べたりして、とってもおいしかったです。


b0165707_5105141.jpg
毛ガニのタルトはもちろんおいしかったけど、たこもやわらか~くて、満足満足♪










もーっともっと食べたかったけど(笑)、朝からのバルめぐりは2軒で限界。
噂には聞いていたけど、ピンチョス最高♪♪♪
スペインを旅したら、どんどんスペイン料理が好きになってきます。
私のことだから親や友人からスペイン料理を作れるようになって
帰ってくるだろうと思われているのですが、残念ながら全くもって
だめですね(笑)
ひたすら食べるに徹していますので。
舌だけやたら肥えて帰国いたします。。。

雨が多くて寒くなる時期なので心配だったけど、ほとんど雨も降らず、
気温もなんとバルセロナと変わらず、思う存分食べ歩きができて、
大満足のサン・セバスティアン旅行でした!

(おまけ)帰り道のサービスエリアにて。
b0165707_520314.jpg

b0165707_520254.jpg

[PR]
by asarin0707 | 2009-12-10 21:30 | 旅行(スペイン)

Madrid&Aranjuezへの旅

10月10日~12日はスペインも3連休でした。
またまた旅行に行ってきました。

今回は1泊2日でスペインの首都Madridと近郊の街Aranjuezへ
行ってきました。
実は旅行までの1週間、りせちゃんが発熱(一晩で下がりましたが)、
ママが胃腸炎(夜中に緊急外来へ・・・)と散々だったので、旅行が
決まったのはなんと前日!
ママは体調が悪かったこともあり、新幹線の手配も手際が悪くて出来ず、
パパが前日に新幹線のチケットをとって、家に帰ってから夜中にホテルの
予約をてきぱきとやってくれて、なんとか出発。
夏から2週間に一度のペースで旅行をし続けていると、
いつも旅行に追い立てられているような感じで結構疲れてきました
(かなりの贅沢病)

b0165707_558259.jpg
10日の朝8時にサンツ駅からAVE(スペインの新幹線)に乗り、Madridへ。
スペインに来て初めての新幹線です♪
写真の浮かない顔のゆなちびは、「早く乗らないと出発してしまうよ!」と呑気に写真を撮ろうとしているママを心配しているため。
やはり女の子、新幹線に乗るといってもたいして喜びません(笑)
行きは少しいい席だったみたいで、朝食は出てきたし、座席も広くて、おまけにすいていたのでりせちゃんも1席取れたし快適な旅でした。
Madridまでは行きは途中でたくさん止まったので3時間半弱かかりましたが、帰りはdirectだったので、2時間半でした。

b0165707_62582.jpg
マドリッド・アトーチャ駅に到着。
プラド美術館、とっても行きたいけど2人のお姫ちゃんのことを考えると到底無理なのであきらめて素通り(^^;)
バルセロナも緑は多いけど、マドリッドのこういう道も歩いているだけで気持ちよかった~

今回宿泊したホテルはUrbanというホテル。
名前の通り、お部屋もモダンな感じなのですが、なぜか館内や客室に
古代エジプトの彫像やアジアの美術品が飾られていて、不思議なホテルでした。
高級ホテルに泊まりたいというわけではなかったのだけど、旅行決定が前日の
夜だったこともあり、普通のホテルはいっぱい断られて、結局5つ星のホテルに
なってしまいました。

b0165707_651360.jpg
さて、今回の旅の目的はこの日のランチ!
Botinというレストランへ行ってきました。
パパは昨年の夏休み、1人でスペインの南部を中心に旅をしたし、Madridも出張で何度か行っているのですが、ここの子豚の丸焼きが一番だと絶賛していて、絶対ママも食べたほうがいい!ということで、今回連れてきてもらったのです。

ここは1725年創業、世界で最も古いレストランとしてギネスに認定されていて、ヘミングウェイが通ったことでも有名なレストラン。
外から見たら普通な感じなので、知らなかったら素通りしてしまいそうです。

前菜はサラダ、morcilla(血入りソーセージ)、sopa de ajo(にんにくスープ)、
メインはもちろん子豚の丸焼き。
b0165707_66198.jpg


バルセロナに住んでいると、やはり魚介が中心になるし、わざわざお肉料理を
食べに行きたいとも思わず。
でもさすがは本場!!!
皮はほんとにこれが皮?と思いたくなるほどぱりっぱりで、中身はすっごくジューシー。
普段は皮は食べない私だけど、この皮は食べてびっくり。
全部食べてしまいました。
パパの言うとおり、これだけでマドリッドに来た価値あり!!
ほんとに感激のお味でした。
普段お肉は薄切り肉しか食べないりせちゃんも、このお肉はぱくぱく!
ゆなちびももちろん大満足してくれました。やっぱり子供たちってグルメねぇ。。。
これは厨房の写真。子豚ちゃんがずら~っと並んでいます・・・
みんな写真撮っていました。
b0165707_672420.jpg


お腹いっぱいになった後は、マヨール広場や、カテドラルに行ったり、
大きなショッピング通りを散策。
b0165707_6103550.jpg

b0165707_6105119.jpg

b0165707_6294798.jpg
こちら銅像ではありません。ほんもののカップルがkissしているのですよ。
バルセロナの観光名所の大通りにもたくさん大道芸人さんとかいますが、こういうタイプのものは見たことがなかったので、思わず足をとめてしまいました(笑)










マドリッドは当たり前だけどものすごーく大きな街で、建物も重厚な感じだと
思いました。
人もなんだかすごく多いし、改めてバルセロナはこじんまりした心地いい街だと
再認識。
海もあるし、やっぱり私はバルセロナ大好き!
住めば都なんでしょうけどね。

夜はバルのハシゴ♪♪
マドリッドにはメソンという専門バルがたくさんあって、生ハム専門、えび専門、
トルティーリャ、マッシュルームなどいろんなバルがあります。

お昼でおなかいーっぱいになってまだ苦しかったので、エビとマッシュルームの
2軒まわることに。

b0165707_6162516.jpg
まずはエビ専門のCasa del Abueloへ。
100年以上の歴史をもつバルで、エビの鉄板焼きをはじめ、様々なエビ料理が楽しめます。
早速注文して、食べ始めたら、ゆなちびが一言。
「立ったまま食べるのはお行儀が悪いからだめなんじゃないのー?」(笑)
そう、こういうバルにはほとんど椅子がないので、立ち食い、立ち飲みなど見たことのないゆなちびには衝撃だったようです。
でもここは立って食べてもいいんだよ、というと喜んで大人の仲間入りしていました。
りせちゃんはあまりにも小さいので、ベビーカーに座ってのんびり食べていました(^^)

b0165707_619426.jpg
お次はマッシュルーム専門バルへ。
生ハムを乗せたマッシュルームの鉄板焼きと、ししとうのようなピーマンの素揚げ。
パパはCava、ママはtinto de veranoという赤ワインを炭酸で割ったドリンクを。
このマッシュルーム、4人でぱっくぱく食べてあっという間になくなってしまいました。
マッシュルームがこんなにおいしいとは~





きっと夫婦2人なら、とことん夜中までハシゴしていたことでしょう。
パパも出張で来た時はランチも夜のバルも1人だったから、今回家族で食べて
もーっとおいしい!って思ったみたいでよかったよかった☆

さて翌日はのんびり起きて、近くにあるレティーロ公園に寄ってみました。
めちゃくちゃ大きくて全部歩いたらどれぐらいかかるんだろう~という公園。
でも、ちょうど秋の雰囲気たっぷりで、いい季節に来たなぁと思いました(^^)
b0165707_6234690.jpg


その後、近郊線に乗りアランフェスへ。
ここは古くから王家の保養地として使われていた土地。
見所は多くないので、さっと半日で観光できます。
着いてすぐにランチ。ここはイチゴが有名なところみたいで、デザートは
イチゴの生クリームがけでした。
b0165707_6394427.jpg

最近りせちゃんお気に入りのの変顔。
そういや、ゆなちんも同じぐらいの時にこういう顔ばっかりしてた時期があったなぁ。
b0165707_6395968.jpg


ハプスブルグ家の別荘だった王宮。
お庭も少し散策しました。
b0165707_633259.jpg

b0165707_6353945.jpg


あまり時間がなかったので、観光用の列車に乗って王子の庭園などを
ぐる~っと見てまわりました。
b0165707_6384662.jpg


ちょっとばたばたの旅だったけど、1泊2日で存分においしいものを食べて、
またスペインの思い出がひとつ増えました♪
ヨーロッパは他の国にすぐ行けてしまうので、これまで国内より外国に
行くほうが多かったけど、スペインにもまだまだ魅力的なところがたくさん
あるので、帰国までにできるだけ国内旅行をしたいなぁと思うママでした。

姫たちの写真。
2日間気持ちのいい秋晴れだったし、どこ行っても広々していたので、
姫たちもいい笑顔♪
b0165707_6445778.jpg

b0165707_6465646.jpg

生後10ヶ月でバルセロナにやってきたりせちゃん。
家族の中で一人だけ生まれてからスペインにいる期間のほうが
長くなりました(笑)
日本に帰ったときに「ここはどこ?」になるんでしょうな。
[PR]
by asarin0707 | 2009-10-17 06:58 | 旅行(スペイン)

Costa del Solで夏気分♪

b0165707_455471.jpg

9月の4連休(24日~27日)を利用して、2泊3日で
スペイン南部アンダルシアのコスタ・デル・ソルに
行ってきました。

4連休なので、行き先候補がいっぱいあったのですが、
「プールで泳ぎたい!」というゆなちびの希望と、
「アンダルシアに行ってみたい!」というママの希望により
決定しました。

バルセロナから飛行機で1時間半。
朝の8時半にコスタ・デル・ソルの中心都市マラガに到着。

宿泊したのは、Benalmadenaというリゾート地。
少~しだけ秋の雰囲気が出てきたバルセロナとは大違いで、
まだまだ夏本番!といった感じのビーチ。
そして何より驚いたのは、レストランのメニューなど街中は
英語ばかり!
レストランに入ったら英語で話しかけられて、バルセロナでは
英語で話しかけられたことなんて一度もないので、
最初何語?って思ってしまったパパママ(笑)

ここはイギリスからたーくさんの観光客が訪れるところなのだそうで、
レストランのウェイトレスさんまでイギリス人だったりしました。
やはりイギリス人は太陽を求めて来られるんですね~
b0165707_4452218.jpg


b0165707_4514195.jpg
今回もアパルトメントに宿泊。
色々と設備はあるし、子供の遊び場もあってなかなかいいところでした。
いつもパパが探してくれるんだけど、うまいこと探してくれます。
お部屋からの景色はこんな感じ。



b0165707_4443767.jpg
お部屋に入ると、とっても可愛らしいタオル製のぞうさんがお出迎え♪
こういう心配りも嬉しいですね(^^)









b0165707_4455266.jpg


到着して早速お昼ごはんは、もちろんイワシの炭火焼!
いつもお世話をしてくれているピソの管理人さんはアンダルシア出身なので
私がコスタ・デル・ソルに行くというと、「必ずイワシを食べてきて、ぜひ
感想を聞かせてね!」と言われてきたのです。

こちらがそのイワシ。
b0165707_4483925.jpg


実は私、子供の頃は骨が細かいという理由だけでイワシが苦手で、
大人になっても喜んで食べる魚ではなかったのですが、
これにはびっくりしました!!!
ほんっとーにおいしくて、パパと2人であっという間に
食べてしまいました。

で、姫たちはやっぱり小骨が気になってイワシはほんの少し。
こちらの大好物の小イカのフライをぱくぱく食べていました。
バルセロナのバルでいつも注文するものだけど、
こういうビーチで食べるとまた格別!
どれもビールがすすんで困ってしまいます(^^;)
b0165707_4491673.jpg


お昼ごはんを食べて、さぁプールサイドでのんびり・・・と
思っていたら、ゆなちびがなんと発熱。
ゆなちびは3~4ヶ月に一度熱を出すけど、いつも寝込むということは
なく、今回も熱っぽい顔をしながら、「プールで泳ぎたい!」を
連発していました。
お部屋からプールと海が見えるだけに、とっても可哀想だった(涙)
でもゆなちびはベッドで横たわりながら「プールが見たいからカーテンあけて」と
言って、楽しそうに見てました。

ということで、1日目はみんなで部屋でのーんびり。
パパが薬局で子供用解熱剤、スーパーで食料(晩ご飯も含めて)を大量に
買ってきてくれて、ゆなちびはスペインに来て初めて解熱剤を飲んで
寝ましたzzz

さすがは元気なゆなちび。
翌朝には熱も下がって、復活(^^)
お天気もとってもよくて、ゆなちびもすごく気分がよくなったようで
お外に出たい!というので、早速レンタカーを借りて、観光名所としても
有名なミハスにおでかけすることにしました。

車で約30分ほどで到着。
日本人の団体客がたくさんいて、日本語の看板を掲げている
お土産物屋さんなんかもあってびっくりしました。

ギリシャに引き続き「白い村」好きの私が一度は来てみたかったミハス。
サントリーニやミコノスはもちろん感動したけど、ここミハスもとっても
可愛くて、癒されました(^^)
薬局の看板や通りの名前はいかにもスペイン!というスペインタイル、
陶器のお店がたくさんあって、バルセロナとはやはり全く
違う雰囲気です。
b0165707_458295.jpg


ランチはとっても素敵な景色がみえるレストランにて。
b0165707_5204326.jpg

b0165707_56278.jpg


b0165707_562855.jpg
りせちゃんのスマイル、だんだんママの小さい時にそっくりになってきた感じが。
私もいっつもりせちゃんみたいににっこにこしているベビちゃんだったそうです。








ミハスで最も美しい通りといわれる、サン・セバスチャン通り。
b0165707_522123.jpg

b0165707_525963.jpg

b0165707_532266.jpg


地中海が一望できる位置に立っているラ・ペーニャ聖母礼拝堂。
16世紀に修道士らが岩を掘りぬいて造ったといわれています。
b0165707_54963.jpg


ゆなちびがとっても元気でいてくれたので、一日ミハスで楽しむことが
できて、よかったです(^^)

b0165707_58361.jpg
そして戻ってきて、夕飯はまたまたイワシだね!ってことで、ビーチのレストランへ。
と、その前にパパは2人の姫を上に乗せて腕立て~
夜の8時はまだ薄明るい感じです。



b0165707_5103646.jpg
ちょっと暗くて分かりにくいけど、イワシや魚はこういう風に焼いて出してくれます。



b0165707_59314.jpg
イワシに、名前は忘れたけど、生でいただいたこの貝。
とってもおいしかった~☆








最終日はレストランでお肉料理をいただいたあと、またまたイワシを食べに。
3日間同じものを食べたくなったことなんて、今までの旅行の中で
パパもママも初めて。
それぐらいおいしかったのです(^^)
ゆなちびも3日間食べ続けて、だんだん好きになったようです。

ほんと、スペインではこういう最もシンプルな料理が一番おいしい!と
感じます。

発熱のハプニングがあり、ゆなちびはプールで泳ぐことができずに
かわいそうだったけど、すぐに元気になってくれたし、夏気分を十分に味わえて、
おいしいものをいっぱい食べることができて、大満足の旅でした。

アンダルシアにはまーだまだ見所がいっぱいなので、
帰国までにまた行きたいな~
b0165707_5141491.jpg



ママも最近ちょっとだけパパにいいと言われるような写真が撮れるように。
いかにもゆなちびらしい表情の写真で今回の旅行のベストフォトです☆
b0165707_51298.jpg

[PR]
by asarin0707 | 2009-10-05 05:26 | 旅行(スペイン)

2泊3日 ボイ渓谷の旅

貴重な連休にはやはり旅行です(^^)
5月29日~6月1日の2泊3日で、スペイン北部ピレネー山脈にある
ボイ渓谷(国立公園)へ行ってきました。
バルセロナから車で3時間半。
初夏の山を眺めながらのドライブはとっても気持ちよくて、
山並みは日本のとは違うけれど、ちょっと日本が懐かしくも
なりました。

ボイ渓谷に到着~♪
とーっても涼しくて、雪解け水が冷たい~!
b0165707_6434098.jpg

りせちゃん、カメラを取る合図をするとこんなポーズ。ゆなちびも一緒に☆
b0165707_6452861.jpg



b0165707_6475562.jpg
今回の宿はパパが素敵なアパルトメントを探してくれました。
いつも予約から何から何までしてくれて助かります(^^)



b0165707_216178.jpg

お部屋は、キッチン、リビングダイニングにベッドルームが2つ。
ベッドルームはフローリングだし、家電も調理器具も新しくてきれいだしまるで新築マンションのようでした。
おまけに広~いテラスがあり、ゆなちびりせちゃん大興奮!
家族4人になるとやはりホテルよりアパルトメントにかぎります。
朝食も作ってお部屋でのんびり食べることができるし、とっても便利です。








b0165707_5493554.jpg


あいにく初日は夕方に到着してから雨が降ってしまったので、
お部屋でごろごろ、夕食は歩いてすぐのところのレストランで
すませました。

翌日は朝起きたらすっきり晴れていて、早速周辺に点々としている
村へ行ってみました。

この辺りは山中でイスラム勢力の支配が及ばなかったため、
中世のキリスト教建築物が数多く残されています。
11世紀から12世紀にかけて建てられた初期ロマネスク様式の
聖堂は2000年に「ボイ渓谷のカタルーニャ風ロマネスク様式教会群」として
世界文化遺産に登録されたそうです。

Boiの教会
b0165707_5572615.jpg



Taullの教会
b0165707_5593516.jpg


b0165707_611124.jpg
小さい子連れだとハイキングとまではいかず。。。でもこの景色だけで十分ハイキング気分が味わえました。








またりせちゃん、はいポーズ!
b0165707_68854.jpg

雪もまだ少ーし残っていて、パパと一緒に触ったよ♪
b0165707_69165.jpg

たんぽぽの綿毛、飛ばしまーす。ゆなちびのお顔もふっくらで綿毛みたい(笑)
b0165707_6151371.jpg


そんなに遠くもなかったし、とってものんびりできた旅行で、よかったです♪
ゆなちびはりせちゃんとテラスで遊んだことが一番楽しかったようですが(笑)

フランス旅行は楽しくても何かと疲れたものですが(レストランが高い!言葉が
通じない。。。)、スペイン旅行はそういった疲れる要素がなくて、やっぱり
国内旅行が一番(^^)

b0165707_2051451.jpg

[PR]
by asarin0707 | 2009-06-05 06:57 | 旅行(スペイン)