2010年7月 スペイン・バルセロナから帰国、家族4人大阪での新しい生活が始まりました。5歳のゆなちび、2歳のりせちゃんの日常を綴ります。
by asarin0707
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
ゆなりせ
バルセロナ
あゆちゃん
旅行(スペイン)
旅行(その他)
旅行(クルーズ)
その他
Hawaii 2011
おでかけ
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

面談

今日の記事は先日あったゆなちびの担任の先生との
面談のことで、あくまで私の記録用。
(じいじばあばだけ読んだほうがいいと思います。でも
横浜じいじのコメントはいりません~きっとじじばか満載になるから)

昨年度のスペイン人の担任の先生との面談は
その当時まだスペイン語もできず(今もさほど変わってないけど(汗))
パパと2人で言って、ほとんど聞くだけで終わってしまったのですが、
今回はアメリカ人の先生なので、もちろん英語で。
英語だと聞くとパパもすごく行きたがっていたのですが、
どうしても仕事の都合がつかず、結局ママとりせちゃんとで
行ってきました。
りせちゃんは毎日担任のsivakamiに会っているので、
面談の間中もずっとご機嫌でいてくれて、30分の予定が
45分もひたすらしゃべり続けてしまいました。

お部屋に入って面談がスタートすると、いきなり
sivakamiに
"Yuna...Perfect, perfect, perfect, perfect!!!!
Tell me your secret!" と言われました(笑)

以前にも、どうしてこの年で、こんなに英語、スペイン語が
読めるのか、家で何か特別なことをしてるのかと
聞かれたこともあるのですが、とにかくこんな生徒は
今まで見たこともない、なんてこちらが恥ずかしくなるぐらい
その後もずっとべた褒めでした・・・

ゆなちびはとても自立していて、なんでも熱心に取り組むし、
とにかく新しい歌などを覚えるのがものすごく早いそうです。
そして、クラスのみんなと仲良くできて、毎日楽しそうに過ごしているとのこと、
これだけでママは十分です
ちょっと気に入らないちょっかいを出されたり、お勉強のワークシートが
破れてしまったりというちょっとした失敗ですぐ泣いてしまったりは
するみたいだけど(周りのお友達がみんなどうかしたのかと心配する
ぐらいらしい(笑))、ほんの一瞬で他の楽しいことを見つけて泣きやんで
いるというエピソードもいくつか。。。

言語面では、お友達とは完全にスペイン語、sivakamiにはほとんど
英語で話すようになってきたようです。
ゆなちびは家ではスペイン語か日本語で、英語をフレーズで話すことは
ないので、パパにもママにも信じられないのですが、sivakamiは
えらく感心してました。
クラスの中でもかなり英語を習得しているほうみたいで、スペイン人、
日本人のお友達に、通訳をしていることもあるそうで、sivakamiは
「ゆなは既に小さい通訳さんね」と言っていました。
でも、先生がクラス全員に英語で質問をするときも、彼女は答えが
分かっているのに、決して知っているということをひけらかすことなく、
お友達が発言するのを待ってから答えを言うそうで、この年でこの
謙虚さは、、、と先生も驚いていました。

あとは、家ではDVDとかを何語で見るのかを聞かれて、
我が家は日本語のDVDもあるのですが、こちらで買ったものも
多く(英語がオリジナルのもの)、それはゆなちびはいつも英語で
見たがります、と。
私からすると、ゆなちびならスペイン語のほうが理解できるのでは?と
思うのですが、ゆなちびはなぜか英語でみることにこだわって、
先日もわざわざばあばが撮ってくれた「カーズ」を日本語ではなく
英語にして!と言っていたゆなちび。不思議。。。
でも吹き替えではなく、オリジナルの言語で楽しむのが一番だと
先生も言っていて、喜んでいました。
どこまで理解してるのか全く不明ですけど(笑)

ママは毎日ゆなちびがとっても喜んで幼稚園に通っているので、
今は何の不安もなく、sivakamiに質問することもなかったのですが、
ひとつ聞いたのは、ゆなちびの家での会話のこと。
ゆなちびは家ではもちろんママと会話するので、ほとんど日本語で
話そうとはするけど、遊んでいる時のひとりごとはスペイン語とか、
日本語を話していても単語はスペイン語だったり、時には英語だったり
するので、それが大丈夫なのかどうか聞いてみました。

やはりこれはこういう学校に通っていると普通にあることで、
7~8歳ぐらいにならないと、ちゃんと使い分けることができないみたいです。
本人は、今接している4ヶ国語の区別はついているのですが、
話すとなると、自然にミックスしてしまうんでしょうかね。。。

パパも私もゆなちびの話すスペイン語、英語がほとんど分かるので
そのまま聞いてあげるし、特に訂正もしないのですが、それはそれで
いいみたいです。
ただ、ママはちゃんと日本語を話してあげないといけないみたいで、
たまにゆなちびがスペイン語で話しかけてきたら、スペイン語で
応じている私はちょっと気をつけないといけないのですが、ついつい。。。
まぁ、帰国すれば笑ってしまうほどあっけなく忘れるのでしょうし、
なんせ短い期間なので、あまり心配しないことにしています。

ということで、ほんとに優しい担任の先生なので、
すごくゆなちびのいいところを見てくれていて、たくさん褒めてもらえて
ママとしてはとっても嬉しかったです。
ついでに、ママもアメリカに長く住んでいたのかと思ったと言って
もらえて、最近簡単な単語すら出てこない(しかもスペイン語が
途中で邪魔する・・・)こんな私をも褒めてくれた優しいsivakami♪
そして、今日は彼女にたのまれて、クラスの日本人のお母さんの面談の
通訳をやりました。
通訳初体験。なかなか大変なもんですけど、中学生レベルの英語で
乗り越えました(笑)

ゆなちびが幼稚園に通い始めてちょうど1年が経過したのですが、
この1年、本当に成長したなぁと思います。
ママとしては、幼稚園の選択肢もほとんどなく、何の情報もない幼稚園に
娘を入園させなくてはならず、不安と心配でいっぱいだった1年前。
ゆなちびはもちろんスペイン語がゼロの状態で年度の途中から入り、
最初の1ヶ月間は毎朝泣き続け。。。
今となってはなんともないですが、その当時は色々悩んだものです。

でもこの1年で、ゆなちびはいろんな意味で自信をつけてきたと
思います。
きっと今回の経験はこれから日本に帰ってまた違う幼稚園に通うことに
なっても、将来また転勤で学校が変わったりしても、活きてくるんじゃ
ないかなと思います。

ほんとにたくましくなったゆなちび。
ママは誇りに思うよ☆

なんて親ばか満載の記事になってしまいましたが、
気がつけば今年ももう1ヶ月が過ぎようとしていて、何もしてない
自分が情けない。。。
[PR]
by asarin0707 | 2010-01-27 07:02 | ゆなりせ