2010年7月 スペイン・バルセロナから帰国、家族4人大阪での新しい生活が始まりました。5歳のゆなちび、2歳のりせちゃんの日常を綴ります。
by asarin0707
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
ゆなりせ
バルセロナ
あゆちゃん
旅行(スペイン)
旅行(その他)
旅行(クルーズ)
その他
Hawaii 2011
おでかけ
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

熱性けいれん

前回ブログのコメント欄にも書きましたが、
現在PCが瀕死の状態です(涙)
壊れてしまったらしばらくブログが更新できなくなると
思いますが、またこりずに遊びにきてください。。。

さて、今回はいつもとは違ってちょっと暗い話ですが、
このブログを読んでくださっている人は我が家と同じか
小さいベビちゃんをもつ人も多いので、いつかのときに
参考になるかもしれないので書きますね。

昨日、りせちゃんが「熱性けいれん」を起こしました。

実は先週末、りせちゃんが1日だけ発熱、その翌日から
丸2日間ママが熱をだして寝込んでしまい、週明けて
今度はパパが調子悪くなり・・・
唯一元気なのはゆなちびだけ(^^)
ということがあって、今週に入ってパパが熱を出して
半日後に、またりせちゃんが38度の発熱。

熱が出ても、しんどそうにしていなければ解熱剤は
使わないでおこうと常々思っていて、ゆなちびもりせちゃんも
今まで熱を出して本当にしんどそうにしていたことが
ほとんどなかったので、これまで先日の旅行先の1度しか
解熱剤を使ったことがありませんでした。

昨日もりせちゃんは熱っぽい顔はしているものの、ずっと
起きて、ママに絵本を読んでーというし、夜まで様子を
見ようと思っていました。

すると、夕方幼稚園から帰ってきた後、りせちゃんがかなり
しんどそうで、自分からソファーにごろーんと横になり、
晩ご飯も食べないというので
しょうがなくゆなちびと2人で晩ご飯を食べていました。

食べ終わってから、りせちゃんにもう一度ご飯がいらないか
聞きにいくと。。。
突然、りせちゃんの目が上をむいて、焦点が定まらないような
感じで天井をみつめ、ママの言う声に全く反応せず、
抱っこしたら体をえびぞりにして、小刻みに震わせ、硬直
しはじめました。
喉も苦しかったのか、ごろごろ苦しそうにしていて、本当に
見ていて怖くなってきました。
これが1~2分ぐらい続いたあと、やっとママの声に
反応して目をあわせてくれました。
このとき体温は39度。

私はもうこの初めての事態に気が動転してしまって、
「りせちゃん!りせちゃん!ママがわかる??」と
何度も大声で叫んでいたことしか覚えていませんが、
パパもいなかったし、その時電話もつながらなかったので、
まず医療通訳さんに電話をして(そして熱性けいれんの可能性と
いわれる)、急いでゆなちびに出かける準備をさせて
(パパっと自分でやってくれたので助かりました)
とりあえず管理人さんのところへ。
もう私は涙でぐちゃぐちゃになっていたので、心配して
管理人さんも歩いて数分のところにあるタクシー乗り場まで一緒に
行ってくれました。

緊急外来は幸いうちから車で5分で着くので助かりました。
そしてママが熱を出していたときには何時間待ったら診察してもらえるかという
ほど混んでいた緊急外来も(で、ママの時はあきらめて帰ってきてママは
自力でなおしました(^^;))昨日はまだ夜も早かったからかすごーくすいていて
着いて5分で呼んでくれたのでほっと一安心。

でも、ここからが大変。
最近、通訳さんなしでも病院に行くことが増えましたが、
日本語でもどう説明すればいいのかわからない「熱性けいれん」。
タクシーの中で、ちょっと意味不明なことばを話すりせちゃんを
抱きしめながら、必死で色んな単語を調べて暗記して、一連のことを
伝えるのが結構大変でした。

ようやくりせちゃんも落ち着いたころ、会社から直接かけつけたパパと
医療通訳さんが到着。

血液検査をしたところ、ウィルス性の風邪だということだったので、
特に心配なことはなかったのですが、問題はこの「熱性けいれん」は
繰り返し起こすことがあるようなので、今後37度5分以上の熱がでたら
すぐに解熱剤を使うようにと指示されました。

調べた中の話によると、「熱性けいれん」は10人に1人ぐらいの子
(ほとんどが3歳未満で初めて経験)に起こるようなので、決して
珍しいことではないことが分かりました。
体温が急激に上昇することによって起こるみたいなのですが、
5歳ぐらいまでの子にはよくあることのようです。

落ち着いて先生の話を聞いたり、調べてみたりすると、
ははーんと分かるのですが、可愛い我が子が突然目の前で
ああいう姿になると、本当に動揺します。
子供をもつと、それはそれは色んなことで心配もするし、
不安にもなりますが、今回の一件は親になって一番恐怖心に
見舞われました。
しかも海外で、パパがその場にいなくて、1人で2人の小さい
子供を夜に救急に連れていかなくてはならず、自分でも
よく分からないままとにかく必死でした。
ゆなちびもよく頑張ってくれました。

幸い、パパの会社も車で30分ぐらいだし、医療通訳さんも
いてくださるし、24時間救急外来は家から5分で行けるし、
会社の保険で全ての医療費、通訳費をカバー
してくれるので、その点だけ考えると、日本よりかなり
恵まれていると思います。
去年たった半年しか住んでいなかったけど、大阪市は
0歳児から医療費がかかり、そんな時にかぎって、
結構いろんなことがあって医療費がすごくかかったので・・・

そんなこんなで、まだこれを書いている今もりせちゃんの熱は
解熱剤がきれたらまだあがってきているので、心配。。。
解熱剤を使用すると熱が下がってきて、機嫌よく遊んでしまって
なかなか昼寝もしないからよろしくない(ママも休憩できない。。。)
これでまたママも倒れないように気をつけなければ!

子育ては常に体力勝負。
そして、こういう出来事を通して、どんどん親として強く
成長していくんだろうなーと思います。
ママは心配性なので、自分でも情けないほどこういう事態に
弱いけど、ちょっとだけ強くなる機会を神様がくれたのでしょう。

これからどんどん寒くなってきますが、みなさんも
体に気をつけてお過ごしくださいね。
[PR]
by asarin0707 | 2009-11-05 07:50 | ゆなりせ